トレーニング サービス

Simulink への外部コードの取り込み

この1日コースでは、外部コード(主に C コード)を Simulink に取り込む様々な方法を紹介します。主に、外部 C 関数をラッピングして Simulink から使用するための機能である C MEX S-Function、MATLAB Function ブロック、レガシコードツールをトピックとして扱います。

  • コードの統合方法
  • Simulink からの MATLAB コードの呼び出し
  • 外部ルーチンの呼び出し
  • ラッパー S-Function の作成
  • コード生成の手順と問題
  • コードの統合方法の確認

Training Formats

形式 コース期間 コース概要

クラスルーム形式

MathWorks の講師から指導を受けながら、クラスルーム形式でご受講いただくことができます。開催場所は、MathWorks のオフィスもしくは、公共の施設となります。なお、本形式はお客様の施設でも開催可能です。

1 日 コース詳細概要

オンライン – 講師が指導する形式

MathWorks の講師からオンラインで指導を受けることができます(英語)。本形式では、クラスルーム形式トレーニングと同じテキストを使用します。なお、複数のタイムゾーンで開催されますが、主に米国東部標準時で開催されます。

1 Day コース詳細概要

必要条件

Simulink 基礎コースおよび、MATLAB 基礎コースを受講された方で C 言語のプログラミング知識をご存知の方。