Statistics Toolbox

新機能

R2014a (バージョン 9.0)

リリース日: 2014年3月6日

R2014a で提供される Version 9.0 では、以下の機能が強化されています。

  • 被験者ごとに複数の測定が含まれるデータに対する反復測定モデリング
  • fitcsvm 関数による二項分類の SVM (サポート ベクター マシン) の性能強化
  • クラスター数およびギャップ基準シミュレーション数を拡張するための evalclusters メソッド
  • 関数 multcompare からの p 値出力
  • 関数 mnrfitlassoglmfitglm では応答としてカテゴリカル変数を使用可能
  • 関数ではデータセット配列入力の代わりに table 入力を使用可能
  • 関数およびモデル特性はデータセット配列ではなく table を返す

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

今すぐアップデート

以前のリリース

R2013b (バージョン 8.3) - 2013年9月5日

R2013b で提供される Version 8.3 では、以下の機能が強化されています。

  • 線形混合効果モデル
  • 確率分布および記述統計関数用に対応したコード生成 (MATLAB Coder を使用)
  • データ上で最適なクラスター数を推定するための evaluatecluster 関数
  • Y に複数の列があっても計画行列が許容されるようになった mvregress 関数
  • 累積分布関数用の上裾確率計算

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2013a (バージョン 8.2) - 2013年3月7日

R2013a で提供される Version 8.2 では、以下の機能が強化されています。

  • サポート ベクトル マシン (SVM) による二項分類 (以前は Bioinformatics Toolbox の一部)
  • 確率的 PCA および交互最小二乗アルゴリズムを使用した欠損データのある主成分解析
  • アンダーソン-ダーリング適合性検定
  • 決定木のパフォーマンスの向上とレベル数の多いカテゴリカル予測子
  • 関数 scatterhist のグループ化およびカーネル密度オプション

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2012b (バージョン 8.1) - 2012年9月11日

R2012b で提供される Statistics Toolbox 8.1 では、以下の機能が強化されています。

  • 不均衡なデータ、スパースな集合、マルチクラスのブーストのための、自己終了機能を備えたブースト アルゴリズム
  • 密度に対して単独の関数形式を保ちながら、広範囲の分布形状を表現できるブール分布
  • MATLAB インポート ツールを使用したデータセット配列へのデータのインポート
  • 主成分分析 (PCA) の機能強化: NaN を欠損データとして処理、重み付け PCA、基盤となるアルゴリズムとして EIG または SVD を選択
  • Parallel Computing Toolbox を使用した K 平均クラスタリングの高速化

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2012a (バージョン 8.0) - 2012年3月1日

R2011b で提供される Statistics Toolbox 8.0 では、以下の機能が強化されています。

  • 線形回帰、一般化線形回帰、および非線形回帰による近似、予測、およびプロットのインターフェイス強化
  • MATLAB 変数エディターでのデータセット配列の表示、編集、およびプロット
  • ロジスティック回帰モデルや他の一般化線形モデルの正則化および縮小推定
  • k 最近傍分類
  • データの低次元化、欠損データの処理、予測子の重要性推定に用いるランダムな部分空間集合
  • 共分散行列の正則化および予測子差異のしきい値化による線形判別分析

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

製品評価版の入手または製品の購入