Stateflow

モデルのシミュレーションと結果の解析

モデルをシミュレーションして、システムの動作を解析することができます。保存した任意のステートからシミュレーションを再開し、さまざまな設定や構成に対する応答を解析して What-if シナリオを実行することができます。

モデルのシミュレーション

Stateflow では、ステート図のアニメーションを使用してシミュレーション中にシステムの動作を可視化し、モデル内のアクティブなステートや遷移を強調表示することができます。

Stateflow のデバッグ機能では、シミュレーションをステップごとに詳細に進めることができます。ステート図内でブレークポイントの設定やデータの値の監視を行い、さまざまな関数をステップごとに実行することが可能です。Stateflow デバッガーのウィンドウでは、シミュレーションの実行をコントロールし、ブロック線図の呼び出しスタックと実行ステータスを表示することができます。

Stateflow デバッガーでは、ステートの矛盾、データの範囲違反、潜在的な無限ループを含む実行時エラーが検出されます。

結果の解析

シミュレーション中は、次のような方法でシミュレーションを可視化することができます。

  • ステートとデータを Simulink の Display ブロックと Scope ブロックで表示する
  • ログ データをシミュレーション データ インスペクターで表示する
  • MATLAB でカスタム ディスプレイを作成する

または、MATLAB での後処理のためにブロック線図とステートのアクティビティ データのログを記録することができます。

Simulation data visualization options in Stateflow: Simulink Data Inspector for comparing signals, a custom MATLAB interface for analyzing data, and the Simulink Signal Selector for comparing states.
Stateflow でのシミュレーション データの可視化オプション。左上: 特定の信号を比較するための Simulink データ インスペクター。左下: データ解析のためのカスタム MATLAB インターフェイス。右: 特定のステートを比較するための Simulink 信号セレクター。
次のトピック: 設計の検証とコードの生成

製品評価版の入手または製品の購入

モデルベースデザインの基本環境クイック・デモ

Web セミナーを表示する