Simulink Design Verifier

モデル カバレッジの解析

Simulink Design Verifier は、Simulink および Stateflow モデルでアルゴリズムとロジックを解析し、業界標準で信頼性の高いシステムを開発するために必要なテスト ケースとパラメーターを生成します。構造カバレッジ基準のテストの生成には、条件、判定、修正条件判定カバレッジ (MC/DC) が含まれています。

テストの生成

モデル カバレッジのテストの生成は、手動作成またはシステム全体のシミュレーション中に収集された要求仕様に基づくテストを補強します。この手法により、Simulink Design Verifier は既存のモデル カバレッジ情報を使用して、要求仕様に基づくテストで満足させられなかったすべてのカバレッジ オブジェクトを満たす追加のテスト ベクトルを生成します。

Visual display of a generated test vector that activates previously untested functionality.

まだテストされていない機能をアクティブにする、生成されたテスト ベクトルの表示。

これらのテスト ベクトルを使用して、満たされていない要求仕様への理解を深め、さらに完全なテスト ハーネスを作成することができます。多数の Inport と Outport のあるモデルのテストを簡略化するため、Simulink Design Verifier は未使用の信号を特定し、それらをテスト ハーネスから自動的に削除します。

生成されたすべてのテスト ベクトルは、シミュレーション、SIL または PIL でのテスト実行時に入力として直接使用できる MATLAB 構造体としてキャプチャされます。収集されたテスト データを使用して、テスト ハーネス モデルを生成することもできます。

生成されたテスト ベクトルの検証

構造カバレッジ基準を満たす生成されたテスト ベクトルを検証するには、Simulink Verification and Validation で提供されるモデル カバレッジ ツールを使用できます。このツールはシミュレーションを監視し、形式的解析中に報告されるオブジェクティブが達成されたかどうかを測定します。モデル カバレッジ ツールは、条件、判定および MC/DC カバレッジのカバレッジ オブジェクティブに加え、シミュレーション中に記録されたテスト オブジェクティブ、証明オブジェクティブ、仮定、制約、ルックアップ テーブルおよび信号範囲もレポートします。

Simulink Design Verifier はTÜV SÜDによって、ISO 26262IEC 61508、または EN 50128 標準に準拠した開発プロセスとして認証されています。

生成されたコードでのテスト カバレッジの解析

Simulink Design Verifier には、SIL および PIL のコードに対して生成されたテスト ケースの実行を自動化するテスト オートメーション関数が用意されています。Simulink Design Verifier のコード検証関数には、Embedded Coder™ が必要となります。テストの実行中に、Embedded Coder で利用できるコード カバレッジ ツールを統合してコード カバレッジを収集できます。

製品評価版の入手または製品の購入

評価版 Simulink Design Verifier

評価版ソフトウェアを入手する

Simulink R2013b新機能紹介

Web セミナーを表示する