Simulink Verification and Validation

新機能

R2014a (バージョン 3.7)

リリース日: 2014年3月6日

R2014a で提供される Version 3.7 では、以下の機能が強化されています。

  • カバレッジの結果用の Web 表示オプション
  • モデル コンフィギュレーション パラメーター用のモデル アドバイザー チェックの作成
  • Relational Operator ブロックの条件カバレッジ
  • MATLAB コード アナライザーのメッセージ用のモデル アドバイザー チェック
  • 日本語ローカライゼーション サポート

詳細につきましては、リリース ノートをご覧ください。

今すぐアップデート

以前のリリース

R2013b (バージョン 3.6) - 2013年9月5日

R2013b で提供される Version 3.3 では、以下の機能が強化されています。

  • MATLAB コードに関する要件のトレーサビリティ
  • 累積モデル カバレッジの結果のリセット オプション
  • 鉄道アプリケーション用の EN 50128 モデリング標準チェック
  • MATLAB Function ブロックおよび入力/出力範囲の仕様に関するモデル アドバイザー チェック

詳細につきましては、リリース ノートをご覧ください。

R2013a (バージョン 3.5) - 2013年3月7日

Release 2,013a に組み込まれているバージョン 3.5 には、次のような拡張機能が含まれます。

  • Stateflow MATLAB Function ブロックの整数オーバーフローでの飽和のモデル カバレッジ
  • 要求仕様のトレーサビリティの基本設定を管理する rmipref コマンド
  • 要求仕様のトレーサビリティのロケーション識別子に追加された DOORS モジュール接頭辞
  • アップグレード アドバイザー、パフォーマンス アドバイザー、コード生成アドバイザーの間をナビゲーションするモデル アドバイザー アコーディオン

詳細は、リリース詳細につきましては、リリース ノートをご覧ください。 ノートを参照してください。

R2012b (バージョン 3.4) - 2012年9月11日

Release 2012b に組み込まれているバージョン 3.4 には、次のような拡張機能が含まれます。

  • IBM Rational DOORS への要求仕様リンクのカスタム ラベル
  • Simulink 注釈の要求仕様リンク
  • Stateflow イベントのカバレッジ フィルタリング
  • 効率的なモデル ガイドラインのチェックを提供する、モデル アドバイザー ダッシュボード
  • ライブラリ モデルと DO-178C/DO-331 規格のモデル アドバイザー チェック

詳細は、リリース ノートを参照してください。

R2012a (バージョン 3.3) - 2012年3月1日

Release 2012a に組み込まれているバージョン 3.3 には、次のような拡張機能が含まれます。

  • 整数オーバーフローでの飽和のモデル カバレッジ
  • 選択されたモデル オブジェクトをモデル アドバイザーから排除
  • モデル アドバイザーの結果をモデル ウィンドウで強調表示
  • Simulink オブジェクト間の要求仕様のリンク
  • ドキュメントのナビゲーション オブジェクトの挿入を置き換え、外部ドキュメントから Simulink にハイパーリンクで直接移動

詳細は、リリース ノートを参照してください。

製品評価版の入手または製品の購入