Simulink Verification and Validation

モデル、テスト、生成されたコードの要求仕様のトレース

Simulink Verification and Validation の Requirements Management Interface では、Simulink と Stateflow のオブジェクトを要求仕様ドキュメントのテキストにリンクできます。IBM® Rational® DOORS®、Microsoft® Word、Excel®、PDF、HTML の各ファイルに保存された要求仕様をサポートします。また、それ以外のドキュメント タイプや要求仕様管理システムをサポートするようカスタマイズすることも可能です。

Requirements Management Interface context menu and Requirements dialog box.
Requirements Management Interface コンテンツ メニューおよび要求仕様ダイアログ ボックス。

リンクの作成

リンクとは、外部ドキュメントをポイントするモデル内の参考文献のことです。これは、要求仕様のトレーサビリティ情報のロバスト性や持続性を確認するモデル ブロック固有の識別子に関連付けられています。

要求仕様のトレーサビリティを使用すると、外部ドキュメントの要求仕様オブジェクトやブックマークを選択したり、Simulink のコンテキスト メニューからリンクを作成したりすることができます。要求仕様ダイアログ ボックスでは、キーワードや説明にリンクを適用して、解析をさらに絞り込むことができます。

設計と要求仕様のレビュー

Requirements Management Interface では、モデル内のブロックを強調表示したり、モデル サブシステムの画像と要求仕様ドキュメントの情報を組み合わせる要求仕様レポートを作成したりすることができます。さらに、Simulink Report Generator™ を使用してレポート テンプレートをカスタマイズすることができます。

IBM Rational DOORS と併用すると、Simulink Verification and Validation で、要求仕様ドキュメントに変更を加えることなく、DOORS でリンク オブジェクトとしてSimulink リンクを複製して、双方向のトレーサビリティを可能にすることができます。Requirements Management Interface は、DOORS のリンクと Simulink のリンクを同期させます。その結果、IBM Rational DOORS または IBM Rational DOORS Web Access でリンクを作成して、それを Simulink モデルと同期させることができます。要求仕様リンクとソース ドキュメントとの整合性を保つために、要求仕様の整合性チェックを実行して、要求仕様が削除されたり変更されたことを識別することが可能です。こうしたチェックを他のモデル アドバイザー チェックと組み合わせて、モデルを体系的に解析することができます。

コードのレビュー

Embedded Coder™HDL Coder™ または Simulink PLC Coder™ を使用してモデルからコードを作成すると、ソース コードのコメントやコード生成レポートのハイパーリンクとして、要求仕様ラベルを添付することができます。コード生成レポートのハイパーリンクを使用すると、コードから要求仕様に直接ナビゲーションすることが可能です。

Requirements Management Interface をサポートしてリンクやトレーサビリティを提供するサードパーティの要求仕様管理ソリューションについては、MathWorks Connections Program をご覧ください。

Annotated source code, created with Real-Time Workshop Embedded Coder, showing hyperlinks to requirements.
要求仕様へのハイパーリンクを示した、Embedded Coder で作成された注釈付きソース コード。
次のトピック: モデリングルールとの適合

製品評価版の入手または製品の購入

評価版 Simulink Verification and Validation

評価版ソフトウェアを入手する

モデルベースデザインの基本環境クイック・デモ

Web セミナーを表示する