Simulink Verification and Validation

Simulink Verification and Validation の操作

Requirements Management Interface では、外部ドキュメントと Simulink® ブロックを接続するリンクを作成できます。このリンクは要求仕様レビュー、設計レビュー、トレーサビリティ解析、プロジェクト ドキュメンテーションに使用できます。

Requirements Management Interface では以下を実行できます。

  • Simulink および Stateflow® オブジェクトと要求仕様との関連付け
  • Simulink または Stateflow オブジェクトから要求仕様へのナビゲーション
  • ユーザーが定義した強調表示やタグを使用した、モデルでの要求仕様リンクのレビュー
  • どのオブジェクトがどの要求仕様にリンクされたかを示す Simulink モデルのレポートの作成

Simulink Verification and Validation のライブラリでは、スタイル ガイドラインやモデリング基準による準拠性チェックを直ちに実行できます。このチェックは、MathWorks Automotive Advisory Board (MAAB) スタイル ガイドラインおよび DO-178B と IEC 61508 基準をサポートして高信頼性ソフトウェアを開発することができるように事前定義されています。

Model Advisor とモデリング基準チェックでは以下を実行できます。

  • モデリング ガイドラインとの準拠性の検証のための、モデルやモデル コンポーネントに対するチェックの実行
  • チェック コンフィギュレーションの作成と共有
  • コマンドライン API を使用したチェック実行の自動化
  • 新しいモデリング スタイル ガイドラインのためのカスタム チェックの作成

Simulink Verification and Validation ではコンポーネント テスト関数を使用して、ハーネス モデルを作成して既存のモデルからデータを記録し、モデル コンポーネントのシミュレーションを実行することが可能です。以下のことが行えます。

  • モデルのコンポーネント テストを自動化する
  • サブシステムやサブチャートのコンテンツを抽出して新しいモデルに注入して解析する
  • シミュレーションで入力ポートの値を記録する
  • テスト ケースを使用してモデルをシミュレーションする
  • 生成されたコードに対してテストを実行する
  • モデル カバレッジを収集して測定する
次のトピック: モデル、テスト、生成されたコードの要求仕様のトレース

製品評価版の入手または製品の購入

評価版 Simulink Verification and Validation

評価版ソフトウェアを入手する

モデルベースデザインの基本環境クイック・デモ

Web セミナーを表示する