Simulink Real-Time

サポートされるハードウェア: ハードウェア ドライバー


概要

xPC Target は、幅広い市販の I/O ボードのハードウェア ドライバーをサポートしており、PC 互換のターゲット コンピューター ハードウェア上で動作します。xPC Target に対応した独自のリアルタイム テスト ソリューションを構築するには、I/O ドライバー ライブラリでサポートされる数多くの I/O ボードのいずれかを備えた PC 互換のターゲット コンピューターを使用します。独自のリアルタイム テスト ソリューションを構築する場合は、これらのボードをメーカーから直接購入して、ターゲット コンピューターに取り付けます。

PC 互換のターゲット コンピューターを作成する際には、さまざまなコンポーネントを組み合わせることができますが、PC 互換のすべてのコンピューターがリアルタイムの条件下で同じように正しく動作する訳ではありません。BIOS 設定、ネットワーク カード、空きPCIスロットなど、コンポーネントの組み合わせによっては、パフォーマンスに影響が生じる可能性があります。PC 互換のターゲット コンピューターを購入し、組み立てて、独自のリアルタイム テスト ソリューションを構築する場合は、ユーザーの責任の下でリアルタイムの条件下で正しく動作させるようにしてください。

xPC Target ブロック ライブラリ

Simulink と xPC Target 向けに最適化された完成済みのリアルタイム テスト ソリューションについては、xPC Target Turnkey を参照してください。

xPC Target の I/O ドライバーが存在しない I/O ボードを使用する場合は、[その他の情報] タブから『xPC Target 用デバイス ドライバー作成ガイド』にアクセスしてください。xPC Target で提供されるサンプルやソース コードを使用して独自のドライバーを作成するための手順が記載されています。