Simulink Coder

新機能

R2014a (バージョン 8.6)

リリース日: 2014年3月6日

ハイライトおよびスクリーンショットを見る.

R2014a で提供される Version 2.1 では、以下の機能が強化されています。

  • C++ クラスの生成
  • 参照モデルのすべてのパラメーター調整の簡略化
  • 標準数学ライブラリおよびコード置換ライブラリに対する個別の選択
  • Windows ホスト上で LCC-64 ビットコンパイラを使用した生成コードのコンパイル
  • 共有ユーティリティ ファイルのコード統合の改善

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

今すぐアップデート

以前のリリース

R2013b (バージョン 8.5) - 2013年9月5日

ハイライトおよびスクリーンショットを見る.

R2013b で提供される Version 8.5 では、以下の機能が強化されています。

  • IP 保護のためにパスワード保護されたモデルを作成する際のマルチレベル アクセス制御
  • long long データ型対応のコード最適化
  • コー​​ド生成のビルドを自動化するためのコンパイラ ツールチェーン インターフェイス
  • グローバル ストレージをもつバス信号のデータ コピー削減
  • ユーザーが作成した MATLAB System object のサポート

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2013a (バージョン 8.4) - 2013年3月7日

ハイライトおよびスクリーンショットを見る.

R2013a で提供される Version 8.4 では、以下の機能が強化されています。

  • Stateflow で呼び出される Simulink 関数のインターフェイスの最適化
  • 識別子の最大長コントロールによるビルド間の共有ユーティリティ名の一貫性
  • 参照モデルのサポートによる複数インスタンス コードの簡略化
  • エクスターナル モード コントロール パネルの機能向上と C API アクセス
  • Target Preferences ブロックから [コンフィギュレーション パラメーター] ダイアログ ボックスへのハードウェア構成の移動

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2012b (バージョン 8.3) - 2012年9月11日

ハイライトおよびスクリーンショットを見る.

R2012b で提供される Simulink Coder 8.3 では、以下の機能が強化されています。

  • ERT ターゲットと GRT ターゲット用に統一されたシンプルなコード インターフェイス
  • 生成したコードと成果物のパッケージ化に便利な packNGo ダイアログ
  • 参照モデルによって共有するサブシステムに再利用可能なコード
  • シミュレーションの加速とホスト ターゲットのための保護されたモデルへのコード生成
  • バスを使用したデータのコピーの削減と、生成コードにおける for loop の効率性の向上

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2012a (バージョン 8.2) - 2012年3月1日

ハイライトおよびスクリーンショットを見る

R2012a で提供される Simulink Coder 8.2 では、以下の機能が強化されています。

  • 生成されたコード用の呼び出しインターフェイスが簡略化
  • 最上位モデル用のインクリメンタルなコード生成
  • packNGo コマンドによる、ヘッダー ファイル依存関係の最小化
  • ASAP2 におけるモデル参照と構造化されたデータの機能強化
  • エクスターナル モードにおけるパフォーマンスとシリアル通信の機能強化

詳細につきましては、リリース ノート (英語) をご覧ください。

製品評価版の入手または製品の購入