Simulink Coder

パラメーターのチューニングとデータのロギング

Simulink Coder では、生成された実行ファイルを操作および解析できるため、アルゴリズムのパフォーマンスを最適化し、コードの実行動作を向上させることができます。

Simulink Coder では、次のデータ インターフェイスを使用して、ブロック信号やパラメーターをモニターおよびチューニングできます。

ターゲットベースの C API — ユーザーが作成したコードで MATLABSimulink の環境外からブロックの出力やパラメーターにアクセスすることが可能となります。

ホストベースの ASAP2 データ エクスチェンジ ファイル — MATLAB と Simulink の環境外から、データ計測、キャリブレーション、診断システムのための ASAP2 標準データ記述を利用することが可能です。

Simulink エクスターナル モード — 新しいパラメーターの値をダウンロード、信号値をアップロードすることにより、Simulink で信号を表示したり、MATLAB ワークスペースで記録することができます。(ソース ブロックのダイアログ ボックスを開くと Simulink は一旦停止します。その間にパラメーターを変更することが可能です。変更を反映して Simulink を引き続き使用するには、ダイアログ ボックスを閉じる必要があります。)

製品評価版の入手または製品の購入

Eclipse ™ の無料ハンズオン チュートリアル

チュートリアルのお申し込み