Simulink Coder

コードの生成

Simulink Coder では、SimulinkStateflow の機能とコンポーネントのために、以下のような総合的なコード生成サポートが提供されています。

  • コードをインクリメンタルに生成するためのモデル ブロック
  • C 言語のリエントラント関数を通じたコードの再利用のための Atomic サブシステムと Atomic サブチャート
  • コードで構造を生成するためのバス オブジェクトとバスの配列
  • レガシー コードのシミュレーションとインターフェイスのための S-function
  • MATLAB コンポーネントをもつモデルからコードを生成するための、Simulink および Stateflow のMATLAB 関数ブロック

Simulink Coder では、固定小数点モデリング、物理モデリング、信号処理と通信のモデリング、ラピッド プロトタイピングとハードウェアインザループ (HIL) テストのための各製品といった、Simulink プロダクト ファミリもサポートされています。

コード生成のオプション

Simulink Coder には、デスクトップ環境やシミュレーション環境で生成されたコードを簡単に実行できるように、ユーザーが選択可能なオプションが用意されています。これらのオプションには以下が含まれます。

  • コードの再利用
  • 式の畳み込み (Folding) 表現
  • 信号ストレージの再利用
  • デッド パスの除去
  • パラメーターのインライン処理
  • ビルド済みの単精度 math ライブラリ (ISO C や GNU C など)
Generated code using for-loop fusion and expression folding for a 10-element array model.
10 個の要素をもつ配列信号を含むモデルに対して、For-ループの統合と畳み込み表現を使用して生成されたコード。Simulink Coder は、単次元信号や多次元信号のための、効率的で可読性の高いコードを生成します。
次のトピック: リアルタイム環境でのコード実行

製品評価版の入手または製品の購入

Eclipse ™ の無料ハンズオン チュートリアル

チュートリアルのお申し込み