Simulink Coder

データの定義と制御

Simulink Coder では、生成したコードにおけるモデル データの実装方法を定義および制御できます。また以下の方法によりユーザーのデータを管理することができます。

  • 整数、浮動小数点、固定小数点としてデータ タイプを宣言
  • パラメーターや定数のチューニング、キャリブレーションのためのメモリ ストレージを指定
  • 信号データをモニターし、ロギングするためのメモリストレージを指定
  • ローカルでスコープしたデータを最小にするためのメモリ ストレージの再利用

Simulink Coder は、Simulink モデル エクスプローラーからアクセスできる Simulink ダイアグラムまたはデータ ディクショナリに保存されているデータからコードを生成します。異なるデータ ディクショナリ セットを組み込むことで、単一のモデルから複数のターゲットへの実装コードの適用が可能です。

Simulink Model Explorer showing various data types and storage classes used in a model.
モデルで使用されているさまざまなデータ タイプやストレージ クラスを示す Simulink モデル エクスプローラー。
次のトピック: コードの生成

製品評価版の入手または製品の購入

Eclipse ™ の無料ハンズオン チュートリアル

チュートリアルのお申し込み