SimPowerSystems

新機能

R2014a (バージョン 6.1)

リリース日: 2014年3月6日

R2014a で提供される Version 6.1 では、以下の機能が強化されています。

Simscape コンポーネント

  • Time-Based Fault ブロックおよび Enabled Fault ブロック
  • 同期機モデル用の磁気飽和オプション
  • 高調波解析関数

専門技術

  • 燃料電池を使った航空機のハイブリッド非常用電源システムの例
  • Machine ブロック のバス出力信号用のテキスト ラベル
  • ダイオードおよび IGBTのスイッチングでのエネルギー損失 特性を直接指定できる三相 3 レベル インバーター

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

今すぐアップデート

以前のリリース

R2013b (バージョン 6.0) - 2013年9月5日

R2013b で提供される Version 6.0 では、以下の機能が強化されています。

Third Generation

  • Simscape 技術に基づいた Third Generation のブロック ライブラリ
  • 単一ラインのブロック線図のための拡張可能な三相電気端子
  • Simscape 言語によるカスタマイズ可能な電動機および変圧器 (例が準備されています)

Second Generation

  • 測定結果出力が改良された電気駆動ブロック

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2013a (バージョン 5.8) - 2013年3月7日

R2013a で提供される Version 5.8 では、以下の機能が強化されています。

  • シミュレーション モードに基づいて自動的に構成された制御ブロックと計測ブロック
  • Supercapacitor ブロック
  • 関数 power_analyze がスイッチ状態に基づいて状態空間行列を計算する機能に対応
  • SimPowerSystems モデルの診断制御の追加

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2012b (バージョン 5.7) - 2012年9月11日

R2012b で提供される SimPowerSystems 5.7 では、以下の機能が強化されています。

  • IEEE AVR (自動電圧調整器) の 7 つの励起ブロック
  • SimPowerSystems モデル用に推奨される設定により、新しい Simulink モデルを作成する関数 power_new
  • SimPowerSystems 電動駆動モデルにオプションで用いる Simscape 機械的回転端子
  • Simscape Interface ブロックで初期条件のユーザー定義が可能に
  • 関数 power_fftscope により、充実した表示オプションを使用して MATLAB コマンド プロンプトから直接プロットの生成が実現

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2012a (バージョン 5.6) - 2012年3月1日

R2012a で提供される SimPowerSystems 5.6 では、以下の機能が強化されています。

  • SimPowerSystems 電動機モデルにオプションで用いる Simscape 機械的回転端子
  • メーカーの標準データを基に Permanent Magnet Synchronous Machine の電気系パラメーターを計算する関数 power_PMSynchronousMachineParams

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

製品評価版の入手または製品の購入