Simulink Control Design

PID コントローラーのチューニング

Simulink Control Design は、Simulink の PID Controller ブロックの各種ゲイン の自動チューニング機能を提供します。最初の PID コントローラーの各種ゲインの自動チューニング作業は、クリック 1 回の操作で完了します。Simulink Control Design は、要求される閉ループの パフォーマンスに基づいて、PID ゲインを計算する独自のチューニング手法を採用しています。最初にコントローラーを設計するとき、ユーザーが対象とするシステムの ダイナミクスの解析に基づいて設計されることが推奨されます。その際に、設計中の制御システムの応答時間を コントローラーのパラメータ調整を行う専用 GUI から対話的に調整することができます。詳細オプションで必要な帯域幅と位相余裕を指定して、PID コントローラーをチューニングすることが可能です。また、専用 GUI 環境 には、の挙動の解析に使用する複数のプロット機能が用意されています。たとえば、ステップ 応答、開ループのボード線図 を表示する プロット機能を使用して、現在の設計後のコントローラと、初期の設計前のコントローラとのパフォーマンスを比較することができます。

DC モーター向けの PID コントローラーの設計 3:53
PID Controller ブロックのゲインは自動的に調整されます。

次のトピック: Simulink モデルの線形化

製品評価版の入手または製品の購入

評価版 Simulink Control Design

評価版ソフトウェアを入手する

MATLAB/Simulink R2014a 新機能紹介 ~制御系設計~

Web セミナーを表示する