Signal Processing Toolbox

新機能

R2014a (バージョン 6.21)

リリース日: 2014年3月6日

R2014a で提供される Version 6.21 では、以下の機能が強化されています。

  • 仕様ベースのフィルター設計のための簡略化されたワークフロー

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

今すぐアップデート

以前のリリース

R2013b (バージョン 6.20) - 2013年9月5日

R2013b で提供される Version 6.20 では、以下の機能が強化されています。

  • 歪み、相互変調、および SNR 測定の関数
  • 二乗余弦およびガウス パルス整形フィルターの設計

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2013a (バージョン 6.19) - 2013年3月7日

R2013a で提供される Version 6.19 では、以下の機能が強化されています。

  • 等価ノイズ帯域、帯域パワー、およびスプリアス フリー ダイナミック レンジを測定するための関数
  • 信頼区間と DC 中心スペクトルを使用してパワー スペクトルを計算するための関数インターフェイス
  • 単精度フィルターの解析と実行のための関数インターフェイス
  • 2 次セクション型 (双二次) フィルターの解析のための関数インターフェイス

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2012b (バージョン 6.18) - 2012年9月11日

R2012b で提供される Signal Processing Toolbox 6.18 では、以下の機能が強化されています。

  • SPTool の信号ブラウザー
  • 関数 xcorr、xcorr2、fftfilt、xcov および cconv による GPU の高速化

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2012a (バージョン 6.17) - 2012年3月1日

R2012a で提供される Signal Processing Toolbox 6.17 では、以下の機能が強化されています。

  • 立ち上がり時間、立ち下がり時間、ミッド クロス、スルー レート、オーバーシュート、アンダーシュート、および整定時間を含む遷移指標
  • パルス幅、パルス間隔、パルス周期、およびデューティ比を含むパルス指標
  • ヒストグラム法を使用した、2 値波形の状態レベル推定
  • 二乗平均平方根 (RMS)、二乗和平方根 (RSS)、ピーク間、およびピークと二乗平均平方根間の測定値を含む信号統計
  • データ収集デバイスから取得したデジタル信号の解析と特徴付けを示す例

詳細につきましては、リリースノート(英語)をご覧ください。

製品評価版の入手または製品の購入