Signal Processing Toolbox

信号の生成、可視化、および解析

Signal Processing Toolbox を使用すると、MATLAB® で離散信号を生成および解析できます。以下のことが可能です。

  • 離散信号値のベクトルの作成
  • 組み込み Toolbox 関数を使用した標準波形の生成
  • ファイルからの信号のインポート
  • 計測器、マルチメディア デバイス、およびその他のハードウェアからの信号の収集

波形の生成

Signal Processing Toolbox の信号生成関数を使用して、連続信号と離散信号を生成できます。以下のようなよく使用される波形がサポートされています。

  • 正弦信号、矩形信号 (正方形、長方形)、鋸歯状信号などの周期的波形
  • チャープ信号やガウス パルス信号などの非周期的波形
  • 単位インパルス、単位ステップ、単位ランプなどの一般的なシーケンス

波形の可視化と解析

時間領域で信号を可視化するには、MATLAB で作成した時間ベクトルに対して信号をプロットします。また、ステム プロット、階段状プロット、およびその他の MATLAB プロットを使用して、信号特性をさまざまな形で表示できます。時間領域の信号を周波数領域に変換するには、DFT および STFT を計算する関数を使用します。

>周期的波形、非周期的波形、および掃引周波数波形の可視化

周期的波形、非周期的波形、および掃引周波数波形の可視化

インタラクティブな信号処理

信号解析アプリでは、信号の参照、フィルターの設計と解析、スペクトルの表示などの基本的な信号解析を行うことができます。 これらのツールを使用して、以下のことができます。

  • 時間領域でのシングルチャネル信号またはマルチチャネル信号のインポートと可視化
  • 勾配値やピーク値などの信号測定
  • PC のサウンド カードによるオーディオ信号の再生
  • 長さや応答タイプが異なる FIR および IIR フィルターの設計またはインポート
  • 設計またはインポートしたフィルターの特性 (振幅応答、位相応答、インパルス応答、ステップ応答など) の表示
  • 選択された信号へのフィルターの適用
  • さまざまなスペクトル推定手法を使用した、周波数領域での信号のグラフィカルな解析
Signal Processing Tool (SPTool) の Signal Browser インターフェイスを使用した、時間領域での音声信号の可視化

Signal Processing Tool (SPTool) の Signal Browser インターフェイスを使用した、時間領域での音声信号の可視化

次のトピック: MATLAB でのスペクトル解析の実行

製品評価版の入手または製品の購入

評価版 Signal Processing Toolbox

評価版ソフトウェアを入手する

MATLABとC/C++: 画像・通信・信号処理に最適な組合せで効率アップ!

Web セミナーを表示する