Polyspace Bug Finder

コード解析結果を Simulink モデルまで追跡

Polyspace Bug Finder を使用すると、生成コード、または生成コードと手書きコードの両方を含んだ混合コードを解析することができます。自動生成コードにおけるコード レベルの欠陥の結果は、Simulink モデルにまで遡って追跡されます。モデルの信頼性の高い部分を特定し、コード エラーの原因となる設計上の問題を修正することができます。また、生成コードと手書きコードとのインターフェイスに発生する潜在的な問題を特定することもできます。たとえば、手書きの S-Function コードと生成コードを混在させると、インターフェイスにおける不正な範囲の信号がランタイム エラーを引き起こすという問題が発生する可能性があります。

Polyspace Bug Finder は、dSPACE TargetLink ブロックおよび IBM Rational Rhapsody モデルまで遡る結果の追跡もサポートします。

Tracing MISRA violations to the Simulink model.
MISRA 違反を Simulink モデルまで追跡。
次のトピック: 認証アーティファクトの作成

製品評価版の入手または製品の購入

評価版 Polyspace Bug Finder

評価版ソフトウェアを入手する

モデルとコードのテスト検証

Web セミナーを表示する