Release 2011a の新機能

Release 2011a の新機能

Release 2011a には、MATLAB® および Simulink® の新機能、2 つの新製品、さらにアップデートおよびバグ フィクスが行われた 81 製品が含まれます。

MATLAB プロダクト ファミリの要点

  • MATLAB の多くの線型代数関数でパフォーマンスが向上
  • Optimization Toolbox™ において、 二次計画法のための 大規模内点法ソルバーをサポート
  • Financial Toolbox™ において、粗利益とトランザクション コストを使用したオブジェクト指向ポートフォリオ最適化ソルバーをサポート
  • Econometrics Toolbox™ において、Engle-Granger と Johansen の共和分検定および VEC パラメーター推定をサポート
  • Parallel Computing Toolbox™ において、MATLAB Compiler™ で生成した実行可能ファイルとコンポーネントで、最大 8 個のローカル ワーカーを使用可能

MATLAB と Simulink での設計のための、 新しいシステム ツールボックス

  • Signal Processing Blockset™ と Filter Design Toolbox™ の機能を組み合わせた新製品、DSP System Toolbox™
  • Communications Toolbox™ と Communications Blockset™ の機能を組み合わせた新製品、Communications System Toolbox™
  • Video and Image Processing Blockset™ の機能を組み込み、さらに新しいコンピューター ビジョン アルゴリズムを追加した新製品、Computer Vision System Toolbox™
  • フェーズド アレイ信号処理システムを設計、シミュレーション、解析するための新製品、Phased Array System Toolbox™

新しいコード生成製品

  • MATLAB から直接、移植可能な C/C++ コードを生成する新製品、MATLAB Coder™
  • Real-Time Workshop® と Stateflow® Coder™ の機能を組み合わせた 新製品、Simulink Coder™
  • Real-Time Workshop Embedded Coder™、Embedded IDE Link™、および Target Support Package™ の機能を組み合わせた新製品、Embedded Coder®

Simulink プロダクト ファミリの要点

  • Simulink において、信号ログ セレクター機能により、モデル間でシミュレーション結果を比較して実行が可能
  • Simulink Report Generator™ において、 XML テキスト比較レポートから Simulink モデルの結合が可能
  • Simulink HDL Coder™EDA Simulator Link™、および xPC Target™ において、FPGA-in-the-Loop、カスタマイズ可能な I/O、Xilinx® デバイスのボードサポートを提供
  • SimDriveline™ において、 Simscape™ 言語を使用してカスタム コンポーネントを作成
  • Simulink Design Verifier™ において Polyspace® テクノロジーを使用して、オーバーフローやゼロ除算の設計エラーを自動検出

詳細については、以下のリリース ノートをご覧ください。

主なアップデートを表示

1 印はR2011a のリリース以降に導入され、Web経由で提供されている製品を示します。