Skip to Main Content Skip to Search
Accelerating the pace of engineering and science


 

Release 2009a 最新情報

Release 2009a には、MATLAB、Simulink の新機能、2つの新製品、さらにアップデートおよびバグフィクスが行われた 91製品が含まれます。ソフトウェア保守サービスにご加入いただいているお客様は、こちら(英語)から製品アップデートをダウンロードできます。

R2008a より、MATLAB/Simulink プロダクトファミリの利用にはアクティベーションが必要です。R2009a では、ライセンスおよびユーザ情報を管理するためのオンラインツールであるライセンスセンターの機能が強化されています。 Polyspace コード検証製品(英語)に、JSF C++(JSF++)標準のチェック、マルチコア高速化、Eclipse 統合などの新機能が追加されました。

MATLABプロダクトファミリの新機能

  • fft およびその他の MATLAB 関数でのマルチコア処理をサポート
  • Parallel Computing Toolboxで、デスクトップPC上の8個のプロセッサコアまでが利用可能
  • MATLAB プログラムおよびアプリケーションで .NET クラスを直接使用することが可能
  • Curve Fitting Toolboxにおける曲面近似オブジェクトを含む曲面近似や新しいGUI
  • Symbolic Math Toolboxにおいて数式表現からSimulinkブロックを生成
  • SimBiologyにおいて非線形混合効果(NLME)モデルを使用した母集団薬物動態(PK)モデリングをサポート
  • CANプロトコルを使用して車載ネットワークと通信するための新製品、Vehicle Network Toolboxを追加

Simulinkプロダクトファミリの新機能

  • Simulink および Stateflow において、シミュレーション状態の保存、復元、および再開機能を追加
  • Simulink Fixed Point において、Discrete Filterブロックおよび Simulink データオブジェクトの自動スケーリングで固定小数点をサポート
  • Real-Time Workshop Embedded Coderにおいて、効率やトレーサビリティなどの高水準の目標に基づいてコードを設定および生成することが可能
  • Real-Time Workshop および Real-Time Workshop Embedded Coder において、メモリ使用量の削減や実行時間の短縮など、生成されるコードの効率が向上
  • Simulink モデルパラメータを推定および最適化するための新製品、Simulink Design Optimizationを追加

▲ TOP

MATLABプロダクトファミリ新製品

Vehicle Network Toolbox

  • CANパケットを送受信するためのMATLAB関数
  • CANバスをSimulinkモデルに接続するためのCAN通信ブロック
  • CANメッセージの符号化と復号化を容易にする、ビットのパック化およびアンパック化関数とブロック
  • 実際のCAN ネットワークトラフィックを可視化するメッセージトラフィックGUI
  • CANメッセージのフィルタリング機能とロギング機能
  • Vector社製のインタフェースハードウェアとVector CAN データベース(.dbc)ファイルのサポート
詳細につきましては、リリースノート(英語)および製品ページをご覧ください。

アップデートおよびバグフィクス

 メジャーアップデート製品
  Aerospace Toolbox 2.3 (英語)
  Bioinformatics Toolbox 3.3
  Communications Toolbox 4.3
  Control System Toolbox 8.2
   Curve Fitting Toolbox 2.0
  Data Acquisition Toolbox 2.14
  Database Toolbox 3.5
  Datafeed Toolbox 3.3 (英語)
  EDA Simulator Link DS
(for Synopsys Discovery)2.1
  EDA Simulator Link IN
(for Cadence Incisive)2.4
  EDA Simulator Link MQ
(for Mentor Graphics ModelSim)2.6
  Embedded IDE Link CC
(for TI’s Code Composer Studio)3.4
  Embedded IDE Link MU
(for Green Hills MULTI) 1.2
  Embedded IDE Link TS(for Altium TASKING)1.4 (英語)
  Embedded IDE Link VS
(for Analog Devices VisualDSP++)2.2
  Filter Design HDL Coder 2.4
  Filter Design Toolbox 4.5
  Financial Derivatives Toolbox 5.4
  Financial Toolbox 3.6
  Fixed-Income Toolbox 1.7
  Fixed-Point Toolbox 2.4
  Fuzzy Logic Toolbox 2.2.8
  Genetic Algorithm and Direct Search Toolbox 2.4.1
  Image Acquisition Toolbox 3.3
  Image Processing Toolbox 6.3
  Instrument Control Toolbox 2.8
  Mapping Toolbox 2.7.2
  MATLAB Builder EX(for Microsoft Excel)1.2.12
  MATLAB Builder JA(for Java language)2.0.3
  MATLAB Builder NE
(for Microsoft .NET Framework)3.1
  MATLAB Compiler 4.10
  MATLAB Distributed Computing Server4.1
  MATLAB Report Generator 3.6
  Model-Based Calibration Toolbox 3.6
  Model Predictive Control Toolbox3.1
  Neural Network Toolbox 6.0.2
  OPC Toolbox 2.1.3
  Optimization Toolbox 4.2
  Parallel Computing Toolbox4.1
  Partial Differential Equation Toolbox 1.0.13
  RF Toolbox 2.5
  Robust Control Toolbox 3.3.3
  Signal Processing Toolbox 6.11
   SimBiology 3.0 (英語)
  Spline Toolbox 3.3.6
  Spreadsheet Link Ex 3.0.3
  Statistics Toolbox7.1
  Symbolic Math Toolbox5.2
  System Identification Toolbox 7.3
  SystemTest 2.3
  Wavelet Toolbox 4.4


Simulinkプロダクトファミリ新製品

Simulink Design Optimization

  • テストデータから物理パラメータを推定
  • テストデータの前処理(データの選択、オフセットの除去、トレンドの除去、ノイズフィルタリング、欠損データの復元など)
  • 非線形のSimulinkモデルの時間領域応答を最適化
  • 線形制御システムの時間領域および周波数領域応答を最適化(Control System Toolbox必須)
  • 応答要件をグラフィカルに指定し、最適化の進捗状況を視覚的にモニタすることが可能
  • ロバスト設計最適化のために、パラメータの変動または不確かさを考慮に入れることが可能
詳細につきましては、リリースノート(英語)または製品ページをご覧ください。

アップデートおよびバグフィクス

 メジャーアップデート製品
  Aerospace Blockset 3.3
  Communications Blockset4.2
  Real-Time Windows Target 3.3 (英語)
  Real-Time Workshop 7.3
  Real-Time Workshop Embedded Coder 5.3
  RF Blockset 2.4
  Signal Processing Blockset 6.9
  SimDriveline 1.5.2
  SimElectronics 1.2
  SimEvents 2.4
  SimHydraulics 1.5
  SimMechanics 3.1
  SimPowerSystems 5.1
  Simscape 3.1
  Simulink Control Design 2.5
  Simulink Design Optimization 1.0
  Simulink Design Verifier 1.4
  Simulink Fixed Point6.1
  Simulink HDL Coder 1.5
  Simulink Report Generator 3.6 (英語)
   Simulink 3D Animation 5.0 (英語)
  Simulink Verification and Validation 2.5
  Stateflow 7.3
  Stateflow Coder 7.3
  Target Support Package FM5
(for Freescale MPC5xx) 2.2.3 (英語)
  Target Support Package IC1
(for Infineon C166) 1.5.3
  Target Support Package TC2
(for TI’s C2000DSP) 3.2
  Target Support Package TC6
(for TI’s C6000DSP) 3.6
  Video and Image Processing Blockset 2.7
  xPC Target4.1
  xPC Target Embedded Option 4.0 (英語)


R2009a 移行製品

詳細につきましては、Release 2009a 移行製品をご覧ください。

営業へのお問い合わせ
無料テクニカルキット (英語)
評価版

最新リリースの入手

詳細を見る: