Image Processing Toolbox

新機能

R2014a (バージョン 9.0)

リリース日: 2014年3月6日

R2014a で提供される Version 9.0 では、以下の機能が強化されています。

  • MATLAB Coder を使用した C コード生成が 25 種類を超える関数 (edgeimfilterimwarpimopenimcloseimerodeimdilate など) に対応
  • GPU による高速化が追加で 9 種類の関数 (bwdistimfillimreconstructiradonradonstretchlim など) に対応
  • カラー画像の2値化用アプリ
  • ピーク信号対雑音比 (psnr) および構造的類似度法 (ssim) を含む、画質評価法
  • 画像の強調のためのガイデッドフィルター処理
  • 位相相関および平行移動のみによる画像レジストレーション関数

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

今すぐアップデート

以前のリリース

R2013b (バージョン 8.3) - 2013年9月5日

R2013b で提供される Version 8.3 では、以下の機能が強化されています。

  • bwmorphedgeimresize、 および medfilt2 を含む、20 個を超える関数の GPU 高速化
  • 2 次元幾何学的変換の強化: 区分的線形、局所重み付き平均、および多項式を追加
  • imregister および imregtform に初期変換指定パラメーターを追加
  • 幾何学的変換をコントロール ポイントの組に近似させる fitgeotrans 関数

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2013a (バージョン 8.2) - 2013年3月7日

R2013a で提供される Version 8.2 では、以下の機能が強化されています。

  • アクティブ コンターを使用した画像区分化
  • 2 次元および 3 次元幾何学的変換の表現と適用のためのクラスと関数
  • 画像の世界座標系を定義するためのクラス
  • 関数 conndefimcomplementimfillimhmaximhminimreconstructimregionalmaximregionalminiptcheckconn、 および padarray のコード生成 (MATLAB Coder を使用)
  • 関数 imrotateimfilterimdilateimerodeimopenimcloseimtophatimbothatimshowpadarray、 および bwlookup の GPU 高速化 (Parallel Computing Toolbox を使用)
  • アンシャープ マスク フィルター処理

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2012b (バージョン 8.1) - 2012年9月11日

R2012b で提供される Image Processing Toolbox 8.1 では、以下の機能が強化されています。

  • 関数 imgradient と関数 imgradientxy を使用したイメージの勾配の計算
  • 関数 imhistmatch を使用したヒストグラム マッチング
  • 関数 multithresh と関数 imquantize を使用したマルチレベルしきい値法
  • 関数 imregister を使用した 3 次元イメージのレジストレーション
  • MATLAB Coder を使用した bwmorphbwlookup へのコード生成

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2012a (バージョン 8.0) - 2012年3月1日

R2012a で提供される Image Processing Toolbox 8.0 では、以下の機能が強化されています。

  • 輝度に基づいた最適化手法を使用した 2 つのイメージの自動レジストレーション
  • 2 つのイメージを視覚的に比較するための関数 imfuse および imshowpair
  • イメージ内で円を見つけ可視化する関数 imfindcircles および viscircles
  • 関数 imlimcomb のパフォーマンスの改善

詳細につきましては、リリース ノート (英語) をご覧ください。

製品評価版の入手または製品の購入