Embedded Coder

新機能

R2014a (バージョン 6.6)

リリース日: 2014年3月6日

ハイライトおよびスクリーンショットを見る.

R2014a で提供される Version 6.6 では、以下の機能が強化されています。

  • 相互繰り返し作業上で、AUTOSAR オーサリング ツールの変更を Simulink モデルにマージする機能
  • C++ クラス コード生成でのカスタム ストレージ クラスのサポート、および最適化されたクラスの宣言
  • MATLAB における coder.replace によるインプレース関数置換、および Simulink 用ルックアップ テーブル コードの置換
  • Ne10 ライブラリを使用した ARM Cortex-A に最適化されたコード生成
  • MATLAB Coder 用にコード生成出力をカスタマイズするためのテンプレート
  • AUTOSAR 4.0 の静的な定数メモリ、AUTOSAR の型指定されたインスタンス毎メモリ、および VariationPointProxy
  • グローバル変数の再利用のための追加オプション

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

今すぐアップデート

以前のリリース

R2013b (バージョン 6.5) - 2013年9月5日

ハイライトおよびスクリーンショットを見る.

R2013b で提供される Version 6.5 では、以下の機能が強化されています。

  • MATLAB Coder 用のソフトウェアインザループ検証
  • AUTOSAR ランナブルおよびモードのモデリング機能強化と、内部動作の ARXML インポートの改善
  • 不変のコンテンツによるグローバル タイプ ファイル rtwtypes.h の簡略化
  • STM32F4-Discovery ボードを使った ARM Cortex-M 対応のコード最適化の例
  • Reusable カスタム ストレージ クラスによるルート I/O メモリの削減

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2013a (バージョン 6.4) - 2013年3月7日

ハイライトおよびスクリーンショットを見る.

R2013a で提供される Version 6.4 では、以下の機能が強化されています。

  • AUTOSAR ユーザー インターフェイスと相互 ARXML ファイルのインポートおよびエクスポート機能の向上
  • システムによって生成される識別子名の短縮
  • ターゲットの組み込みマルチコア プラットフォームに対する同時実行 API
  • 再利用不可能なサブシステム向けに最適化された関数引数
  • 調整可能なパラメータ表現のデータ コピー数の削減

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2012b (バージョン 6.3) - 2012年9月11日

ハイライトおよびスクリーンショットを見る.

R2012b で提供される Embedded Coder 6.3 では、以下の機能が強化されています。

  • 静的なコード メトリクスのレポートにおける循環的複雑度の測定
  • コード置換ライブラリを使用した MATLAB 関数のカスタム コード置換
  • 信号のログ記録、カプセル化された C++ および AUTOSAR キャリブレーション パラメーターに対する SIL および PIL サポート
  • AUTOSAR 4.0 非スカラー データのサポート
  • Texas Instruments Code Composer Studio IDE 5.1 のサポート

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

R2012a (バージョン 6.2) - 2012年3月1日

ハイライトおよびスクリーンショットを見る.

R2012a で提供される Version 6.2 では、以下の機能が強化されています。

  • AUTOSAR Release 4.0 のサポート
  • データ コピーの削減を含む、コード効率の改善
  • コード レポートの Web 表示、ポストビルド レポートの作成、インターフェイスとコード置換レポート、および検索ウィンドウ
  • PIL サポートとコード カバレッジ注釈を含む、LDRA Testbed® 統合
  • モデル参照コードの識別子単純化と、よりロバストな名前マングリング

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

製品評価版の入手または製品の購入