Embedded Coder

コードの実行と検証

Embedded Coder では、生成したコードをコードの実行環境に取り込むことができます。

MATLAB では、Embedded Coder から生成したコードは、MATLAB Coder で提供されるのと同じ実行フレームワークを使用して実行されます。

Simulink では、Simulink Coder で提供されるリアルタイム実行フレームワークが、Embedded Coder によって大幅に拡張されます。デフォルトでは、コードは リアルタイム オペレーティング システム (RTOS) の有無に関わらず、シングルタスキング、マルチタスキング、または同期モードで実行できます。また、Software-In-the-Loop (SIL) テストや Processor-In-the-Loop (PIL) テストを使用して、コードの実行結果を検証できます。

メイン プログラムの生成

Embedded Coder では、リアルタイム環境へのコードの実装に関してユーザーが提供した情報に基づいて、拡張性に優れたメイン プログラムが生成されます。この機能では、モデルから完全にカスタマイズされた実行ファイルを生成およびビルドできます。

レートのグループ化

Embedded Coder では、モデルに指定されている定期的なサンプル時間を使用して、シングルレートまたはマルチレートでコードが生成されます。マルチレート、マルチタスキングのモデルでは、モデル内のベース レートのタスクと各サブレートのタスクについて別々の関数を生成する、レートのグループ化という方法が使用されます。

リンクとターゲットの使用

サードパーティの IDE、マイクロプロセッサー、および RTOS (Wind River Systems® 製 VxWorks® を含む) がサポートされており、生成されたコードの実装、統合、最適化、および実行を自動化することができます。

SIL テストと PIL テストの実行

Embedded Coder では、Simulink のシミュレーション モードや S-function ブロックを使用して、SIL テストのための Simulink における生成コードの実行や、または、PIL テストのための組込みターゲットでの生成コードの実行を、それぞれ自動化できます。コード生成の検証 API によって、テストの実行と、テスト結果と元のモデルからのシミュレーション結果の比較を自動的に行うことができます。サードパーティのツールと統合して、テストの完全性を測定するために構造コードのカバレッジを解析することが可能です。

製品評価版の入手または製品の購入

モデルベースデザインによるソフトウェア・ハードウェア開発セミナー

Web セミナーを表示する