Embedded Coder

コードのコメント設定、追跡、および文書化

Embedded Coder では、MATLAB ファイルや関数、または Simulink モデルやサブシステムのために生成されたコードを調べるために、いくつかの機能が用意されています。これらの機能を使用して、以下の作業を行うことができます。

  • モジュールとモデルの構成設定を記述するコード レポートを生成する
  • 生成されるグローバル データ、データ タイプ、および関数の識別子のフォーマットを制御する
  • 生成されるコードに、関数のヘルプ テキストを含む MATLAB コードをコメントとして含める。

また Simulink では、Embedded Coder によって、高レベルの要求仕様をコードのコメントとして挿入し、要求仕様のソースへのリンクを設ける機能が提供されています (Simulink Verification and Validation が必要です)。Simulink でのコード生成のコード レポートには、コード インターフェイスの説明、トレーサビリティ レポート、およびソース ファイルと生成されたコードの表示も含まれています。モデルと生成されたコードの間には双方向のリンクがあり、コードの各行と対応する Simulink モデル要素 (サブシステム、ブロック、MATLAB 関数とコード、Stateflow チャートと遷移など) の間を簡単に行き来することができます。クリックするだけで対応するモデル要素やコードの行が強調表示されるので、コードのレビューやデバッグが簡単になります。

Simulink code generation report highlighting bidirectional traceability between algorithm and implementation.
アルゴリズムと実装間での双方向のトレーサビリティを示す、Simulink コード生成レポート。
次のトピック: コードの実行と検証

製品評価版の入手または製品の購入

PID制御をSimulinkでより簡単に

Web セミナーを表示する