Embedded Coder

コードの最適化とパッケージング

Embedded Coder を使用すると、関数の境界の制御や式の維持が可能で、複数ブロックにまたがる最適化を設定して、コードサイズをさらに削減することができます。生成されたコードとのデータの交換は、グローバル変数や関数の引数を通じて行われます。生成されたコードから、モデル中のブロックと信号をたどることが可能です。

Embedded Coder に用意されている、MATLAB コードおよび Simulink モデルからのコード生成に関するオプションでは、以下の作業を行うことができます。

  • 数学関数および数学演算についてプロセッサ固有のコードを生成
  • 既存または外部環境にエクスポートするためのコードの再利用
  • コードの初期設定、ターミネーション、ログ記録、エラー処理などの不要なコードを削除
  • 整数のみのアプリケーションから浮動小数点コードを削除

Simulink モデルには、Embedded Coder で追加の最適化や設定オプションが用意されており、以下の作業を行うことができます。

  • モデルからのプリプロセッサー コンパイルのために、マクロを使用してコード バリアントを生成
  • ブール型データと Stateflow の状態をビットセットに保管
  • 各生成ファイルのフォーマットの制御
  • グローバル データの定義方法と参照方法を指定
  • コメントの内容と配置を指定
MATLAB example of target-specific math extensions and reusable function optimizations.
Simulink example of target-specific math extensions and reusable function optimizations.
ターゲットに合わせた計算の拡張および再利用可能な最適化の MATLAB の例 (左) と Simulink の例 (右)。Embedded Coder は、ターゲットに合わせた移植可能なコードの最適化によって、コードの効率性を向上します。
次のトピック: コードのコメント設定、追跡、および文書化

製品評価版の入手または製品の購入

PID制御をSimulinkでより簡単に

Web セミナーを表示する