Embedded Coder

ターゲットの選択

Embedded Coder では構成オブジェクトとシステム ターゲット ファイルを使用して、MATLAB コードと Simulink モデルを量産に適したソース コードと実行ファイルに変換します。

MATLAB 構成オブジェクトでは、次のうちいずれかの出力ターゲットを指定します。

  • MEX ファイル
  • C/C++ 静的ライブラリ
  • C/C++ 実行ファイル

Simulink システム ターゲット ファイルでは、生成したコードを実行するリアルタイム環境を指定します。Embedded Coder には、即座に実行可能な構成のターゲット ファイルが付属しており、サードパーティやカスタムのターゲットもサポートされています。組込みのターゲットには次のものがあります。

組込みリアルタイム ターゲット — 基本的にあらゆる量産プロセッサーで効率的なリアルタイム実行を行うために、浮動小数点または固定小数点のデータをもつ ANSI/ISO C コード、C++ コード、およびカプセル化された C++ コードを生成します。

AUTOSAR ターゲットAUTOSAR ソフトウェア コンポーネントの開発をサポートする、C コードと実行時インターフェイスを生成します。

共有ライブラリ ターゲット — ホスト プラットフォームでの実行のために、Windows® ダイナミック リンク ライブラリ (.dll) ファイル、または UNIX® 共有オブジェクト (.so) ファイルのいずれかとして、共有ライブラリ用のコードを生成します。

IDE リンク ターゲット — Texas Instruments 社製の Code Composer Studio などの、サポートされているサードパーティの統合開発環境 (IDE) を使用して、コンパイルと実装のためのコードを生成します。

組込みハードウェアの特性の定義

MATLAB や Simulink のコード生成では、あらかじめ定義されているリストから実装先のプロセッサーを選択するか、汎用のターゲット設定を使用します。また、カスタム環境のために、あらかじめ定義されているリストを拡張することもできます。

Simulink Model Explorer, which provides access to a predefined list or generic settings for specifying the microprocessor for code deployment.
コードの実装先マイクロプロセッサーの指定に使用する、あらかじめ定義されたリストや汎用設定へのアクセスを提供する Simulink モデル エクスプローラー。Embedded Coder は、8 ビット、16 ビット、および 32 ビットなどの、あらゆるマイクロプロセッサーや DSP のためのコードを生成します。
次のトピック: カスタム データの定義と制御

製品評価版の入手または製品の購入

PID制御をSimulinkでより簡単に

Web セミナーを表示する