MATLAB Distributed Computing Server

MATLAB Distributed Computing Server の使用

MATLAB Distributed Computing Server は、クラスター内のコンピューターやクラウド コンピューティング サービスの仮想マシンなど、分散処理リソースで実行します。サーバーは、MATLAB コードや Simulink モデルを受け取って実行する、複数の "ワーカー" (クライアント セッションとは独立して実行される MATLAB 計算エンジン) へのアクセスを提供します。複数のユーザーが、サーバーで同時にアプリケーションを実行できます。

MATLAB と Simulink のユーザーは、Parallel Computing Toolbox を介して MATLAB Distributed Computing Server を操作します。ユーザーは自分のワークステーションでツールボックスを使用して、並行アプリケーションをプログラムします。プログラムをサーバーで実行するには、対話型セッションを開始するか、バッチ実行のジョブを送信します。

MATLAB Compiler を併用すれば、MATLAB ユーザーは並列 MATLAB プログラムからスタンドアロンの実行ファイルや共有ライブラリを作成して、デスクトップまたは Web アプリケーションで無償で配布できます。これらの実行ファイルや共有ライブラリでは、MATLAB による処理を MATLAB Distributed Computing Server のワーカーに分散できます。

Simulink のユーザーは、複数のシミュレーションを同時に実行できます。また、コードの生成処理を複数のワーカーに分散することで、大規模なモデル参照階層を含む Simulink モデルのコード生成ビルドを高速化できます。

次のトピック: ライセンス

製品評価版の入手または製品の購入

評価版 MATLAB Distributed Computing Server

評価版ソフトウェアを入手する

Simulinkモデルの高速化手法

Web セミナーを表示する