Computer Vision System Toolbox

新機能

R2014a (バージョン 6.0)

リリース日: 2014年3月6日

R2014a で提供される Version 6.0 では、以下の機能が強化されています。

  • 偏移修正、視差計算、シーン再構成、ステレオ カメラ キャリブレーションのためのステレオ ビジョン機能
  • OCR (光学式文字認識)
  • BRISK (Binary Robust Invariant Scalable Keypoints) 特徴点の検出と抽出
  • カスケード オブジェクト検出器学習のための画像ラベリング アプリ
  • MATLAB Coder を使用した Harris法および最小固有値法によるコーナー検出器向け C コードの生成

詳細につきましては、 リリース ノート (英語) をご覧ください。

今すぐアップデート

以前のリリース

R2013b+ (バージョン 5.3.1) - 2013年10月16日

R2013b+ で提供される Computer Vision System Toolbox 5.3.1 には、バグフィクスが含まれています。

詳細は、 リリース ノート を参照してください。

R2013b (バージョン 5.3) - 2013年9月5日

R2013b で提供される Version 5.3 では、以下の機能が強化されています。

  • カメラ キャリブレーションのアプリケーションを使用した、カメラの内部、外部、およびレンズ歪みのパラメーター推定
  • チェッカーボード パターン検出、カメラ パラメーター推定、正確なレンズ歪み、結果の可視化用のカメラ キャリブレーション機能
  • 勾配方向ヒストグラム (HOG) による特徴抽出
  • 12 種類の追加機能向けの C コード生成のサポート

詳細は、 リリース ノート を参照してください。

R2013a (バージョン 5.2) - 2013年3月7日

R2013a で提供される Version 5.2 では、以下の機能が強化されています。

  • Haar、勾配方向ヒストグラム (HOG)、および局所 2 値パターン (LBP) 特性を使用したカスケード オブジェクト検出器学習
  • Fast Retina Keypoint (FREAK) アルゴリズムによる特性抽出
  • ハミング距離方式による特性の照合
  • 関数 matchFeatures および ForegroundDetector System object のマルチコア サポート
  • 関数を使用したコーナー検出、幾何学的変換の推定、およびテキストとグラフィックスのオーバーレイによる類似した System object の強化

詳細は、 リリース ノート を参照してください。

R2012b (バージョン 5.1) - 2012年9月11日

Release 2012b に組み込まれているバージョン 5.1 には、次のような拡張機能が含まれます。

  • 複数のオブジェクトを追跡するカルマン フィルターとハンガリー アルゴリズム
  • 検出されたオブジェクトまたは追跡するオブジェクトに関するイメージとビデオの注釈
  • KLT (Kanade-Lucas-Tomasi) ポイント トラッカー
  • HOG (Histograms of Oriented Gradients) に基づく人物検出器 
  • Windows 7 上で H.264 コーデック (MPEG-4) をサポートする動画ファイル リーダー

詳細は、 リリース ノート を参照してください。

製品評価版の入手または製品の購入