Computer Vision System Toolbox

カメラ キャリブレーション

カメラ キャリブレーションとは、カメラの内部、外部、およびレンズ歪みのパラメーターを推定することです。カメラ キャリブレーションは通常、光学的歪みのアーティファクトの修正、オブジェクトとカメラの距離の推定、画像内でのオブジェクトのサイズの測定、拡張現実システム用の 3 次元ビューの構築などに使用されます。

Computer Vision System Toolbox には、カメラ キャリブレーション ワークフローのためのアプリケーションや関数が用意されています。このシステム ツールボックスには、以下を含む、カメラ キャリブレーション ワークフローですべての必要な作業を行うための関数があります。

  • サブピクセル精度のコーナー検出を含む、チェッカーボード キャリブレーション パターンの全自動の検出および配置
  • 軸歪みを含む、内部および外部のすべてのパラメーターの推定
  • 半径および接線方向のレンズ歪み係数の計算
  • 光学的歪みの修正

Camera Calibrator アプリケーションを使用して、キャリブレーション画像を選択およびフィルタリングし、半径方向の歪み係数の数とタイプを選択し、再投影エラーを表示し、外部パラメーターを可視化して、カメラ キャリブレーション パラメーターをエクスポートします。

The Camera Calibration app in Computer Vision System Toolbox.
Camera Calibrator アプリケーション。キャリブレーション画像の追加または削除 (左)、検出されたコーナーや再投影された点の表示 (中央)、再投影エラーのプロット (右上)、外部パラメーターの可視化 (右下) が可能です。
Diameter of various objects measured using a single calibrated camera.
単一のキャリブレーションされたカメラを使用してさまざまなオブジェクトの直径を測定。キャリブレーションされたカメラを使用すると、平面オブジェクトを世界的単位で測定できます。この例として、コンベヤー ベルト上で部品のサイズを測定することがあります。
次のトピック: 映像処理、表示、およびグラフィックス

製品評価版の入手または製品の購入

評価版 Computer Vision System Toolbox

評価版ソフトウェアを入手する

MATLAB/Simulinkによる、アクティブセーフティシステムの開発と検証

Web セミナーを表示する