MATLAB Compiler

アプリケーションまたはコンポーネントのパッケージ化

MATLAB Compiler を使用すると、配布用に MATLAB コンポーネントをパッケージ化できます。任意のプログラムを指定すると、そのプログラムをサポートするために必要な MATLAB の関数およびファイルが MATLAB Compiler によって特定され、コードが暗号化されます。

共有ライブラリ実装の場合は、MATLAB Compiler によって、C または C++ アプリケーションに含めるヘッダー ファイルと、アプリケーションとリンクするライブラリ ファイルが生成されます。その後、実行可能ファイルまたはコンポーネントとしてファイルがラップされます。

アプリケーションのユーザーに優れた使い勝手を提供するために、MATLAB Compiler では次のことが可能です。

  • MATLAB Compiler Runtime をインストール パッケージに含めるか、インストール時に自動的にダウンロードするかを指定
  • ソフトウェアのバージョン番号、作成者情報、デフォルトのインストール ディレクトリなどのアプリケーション メタ データを取り込む
  • データ ファイルや画像など、依存性チェックで見つからない補足ファイルを追加
  • グラフィックス、スプラッシュ画面、アイコンをカスタマイズして、アプリケーションのインストーラーを定義
Application development and deployment work flow.
アルゴリズムの開発、UI の作成、オプションのカスタム インストーラーを含めたアプリケーションのパッケージ化を含む、アプリケーションの開発および配布のワーク フロー。MATLAB ユーザー以外に簡単に配布できるような、プロフェッショナル なインストーラーを配布できます。
次のトピック: デスクトップ、Web、またはエンタープライズシステムへのプログラムの配布

製品評価版の入手または製品の購入

評価版 MATLAB Compiler

評価版ソフトウェアを入手する

バイオメディカルシリーズ: MATLABでのバイオ、医用画像処理の基本

Web セミナーを表示する