Communications System Toolbox

MATLAB および Simulink でのストリーム処理

ほとんどの通信システムでは、時間処理と、複数の周波数およびチャネルの同時処理を組み合わせて、ストリーミングとフレームベースのデータを処理しています。このようなストリーミングの多次元処理は、OFDM や MIMO などの高度な通信アーキテクチャに見ることができます。Communications System Toolbox では、MATLAB/Simulinkでのストリーム処理とフレーム ベース シミュレーションをサポートすることにより、高度な通信システムのシミュレーションが可能です。

MATLAB では、MATLAB オブジェクトを使用して時間ベースおよびデータ駆動型のアルゴリズム、ソース、シンクを表現する System object によって、ストリーム処理が可能になり、MATLAB オブジェクトを使用して時間ベースおよびデータ駆動型のアルゴリズム、ソース、シンクを表現します。System object は、データのインデックス付け、バッファリング、アルゴリズムの状態管理など、ストリーム処理の詳細の多くを暗黙的に管理します。また System object は、標準の MATLAB 関数および演算子と組み合わせて使用することができます。ほとんどの System object には、対応する Simulink ブロックがあり、同じ機能を持ち合わせています。

Simulink は、Simulink モデルを構成するブロックでデータの流れを管理して暗黙的にストリーム処理を行います。Simulink は動的システムのモデリングおよびシミュレーションのための対話型グラフィカル環境で、階層的ダイアグラムでシステム モデルを表します。また、アルゴリズム、ソース、シンク、およびシステム階層を表す、あらかじめ定義された汎用ブロックのライブラリを備えています。

次のトピック: 通信システムの実装

製品評価版の入手または製品の購入

評価版 Communications System Toolbox

評価版ソフトウェアを入手する

MATLAB/Simulink によるレーダーシステムモデリングとシミュレーション

Web セミナーを表示する