Communications System Toolbox

アナログ変調とデジタル変調

アナログ変調とデジタル変調の技法では、情報のストリームが転送に適した信号にエンコードされます。Communications System Toolbox には、多数の変調機能と、それに対応する復調機能が用意されています。これらの機能は、MATLAB 関数とオブジェクト、MATLAB System object、および Simulink ブロックとして提供されています。

このツールボックスでは、次の種類の変調が用意されています。

アナログ、AM、FM、PM、SSB、および DSBSC

デジタル、FSK、PSK、BPSK、DPSK、OQPSK、MSK、PAM、QAM、および TCM。

16 QAM シミュレーションのコンスタレーションをもつ MATLAB 関数と Simulink モデル。

16 QAM シミュレーションのコンスタレーションをもつ MATLAB 関数 (左) と Simulink モデル (右)。

次のトピック: 情報源符号化とチャネル符号化

製品評価版の入手または製品の購入

評価版 Communications System Toolbox

評価版ソフトウェアを入手する

MATLAB/Simulink によるレーダーシステムモデリングとシミュレーション

Web セミナーを表示する