ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

imag

構文


imag(z)
imag(A)

説明

imag(z) は、z の虚数部を返します。

imag(A) は、A の各要素について虚数部を返します。

入力引数

z

シンボリックな数値、変数または式。

A

シンボリックな数値、変数または式からなるベクトルまたは行列。

次の数値の虚数部を求めます。これらの数値はシンボリック オブジェクトではないため、結果は浮動小数点数となります。

[imag(2 + 3/2*i), imag(sin(5*i)), imag(2*exp(1 + i))]
ans =
    1.5000   74.2032    4.5747
 

シンボリック オブジェクトに変換された数値の虚数部を計算します。

[imag(sym(2) + 3/2*i), imag(4/(sym(1) + 3*i)),  imag(sin(sym(5)*i))]
ans =
[ 3/2, -6/5, sinh(5)]

次のシンボリック式の虚数部を計算します。

imag(sym('2*exp(1 + i)'))
ans =
2*exp(1)*sin(1)
 

一般的に、imag は、変数を含むシンボリック式から虚数部全体を抽出できません。ただし、imag は入力式を書き換えたり、簡略化できることもあります。

syms a x y
imag(a + 2)
imag(x + y*i)
ans =
imag(a)
 
ans =
imag(x) + real(y)

数値をこれらの変数に代入する場合や、これらの変数が実数であることを指定する場合は、imag は式の虚数部を抽出できます。

syms a
 a = 5 + 3*i;
imag(a + 2)
ans =
     3
syms x y real
imag(x + y*i)
ans =
y

xy が実数であるという仮定を消去します。

syms x y clear
 

行列 A の要素の虚数部を求めます。

A = sym('[-1 + i, sinh(x); exp(10 + 7*i), exp(pi*i)]');
imag(A)
ans =
[              1, imag(sinh(x))]
[ exp(10)*sin(7),             0]

代替方法

共役によって、z の虚数部を計算できます。 imag(z)= (z - conj(z))/2i.

詳細

すべて展開する

ヒント

  • シンボリック オブジェクトではない数字に対し imag を呼び出すと、MATLAB® の関数 imag が呼び出されます。

参考

|

この情報は役に立ちましたか?