ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

t 分布の位置-尺度を使用したコーシー分布の表現

この例では、t 分布の位置-尺度確率分布オブジェクトを使用して非標準のパラメーター値をもつコーシー分布を操作する方法を示します。

手順 1. 確率分布オブジェクトを作成する。

t 分布の位置-尺度確率分布オブジェクトを自由度 nu = 1 で作成します。mu = 3 を指定して位置パラメーターを 3 に設定し、sigma = 1 を指定してスケール パラメーターを 1 に設定します。

pd = makedist('tLocationScale','mu',3,'sigma',1,'nu',1)
pd = 

  tLocationScaleDistribution

  t Location-Scale distribution
       mu = 3
    sigma = 1
       nu = 1

手順 2. 記述統計を計算する。

オブジェクト関数を使用して、コーシー分布の記述統計を計算します。

med = median(pd)
r = iqr(pd)
m = mean(pd)
s = std(pd)
med =


     3

r =

     2


m =

   NaN


s =

   Inf

コーシー分布の中央値は位置パラメーターと等しく、四分位範囲はスケール パラメーターの 2 倍に等しくなります。平均と標準偏差は定義されていません。

手順 3. pdf を計算してプロットする。

コーシー分布の pdf を計算してプロットします。

figure;
x = -20:1:20;
y = pdf(pd,x);
plot(x,y,'LineWidth',2);

pdf のピークは位置パラメーター mu = 3 が中心となります。

手順 4. コーシー乱数のベクトルを生成する。

t 分布の位置-尺度確率分布オブジェクトの関数 random を使用してコーシー分布から 10 個の乱数を含む列ベクトルを生成します。

rng('default');  % For reproducibility
r = random(pd,10,1)
r =

    3.2678
    4.6547
    2.0604
    4.7322
    3.1810
    1.6649
    1.8471
    4.2466
    5.4647
    8.8874

手順 5. コーシー乱数の行列を生成する。

コーシー乱数の 5 行 5 列の行列を生成します。

r = random(pd,5,5)
r =

    2.2867    2.9692   -1.7003    5.5949    1.9806
    2.7421    2.7180    3.2210    2.4233    3.1394
    3.5966    3.9806    1.0182    6.4180    5.1367
    5.4791   15.6472    0.7558    2.8908    5.9031
    1.6863    4.0985    2.9934   13.9506    4.8792

参考

関連する例

詳細

この情報は役に立ちましたか?