ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

tstat

スチューデントの t 平均と分散

構文

[M,V] = tstat(NU)

説明

[M,V] = tstat(NU) は、NU の自由度を使用してスチューデントの t 分布の平均と分散を返します。MV は、NU と同じサイズです。

パラメーターが ν のスチューデントの t 分布の平均は、1 より大きい値 ν に対してはゼロです。v が 1 の場合、平均は存在しません。2 より大きい値 ν の分散は、ν/(ν-2) です。

自由度 1 ~ 30 に対する平均と分散を求めます。

[m,v] = tstat(reshape(1:30,6,5))
m =
  NaN  0   0   0   0
   0   0   0   0   0
   0   0   0   0   0
   0   0   0   0   0
   0   0   0   0   0
   0   0   0   0   0

v =
    NaN   1.4000  1.1818  1.1176  1.0870
    NaN   1.3333  1.1667  1.1111  1.0833
  3.0000  1.2857  1.1538  1.1053  1.0800
  2.0000  1.2500  1.1429  1.1000  1.0769
  1.6667  1.2222  1.1333  1.0952  1.0741
  1.5000  1.2000  1.1250  1.0909  1.0714

自由度 1 と 2 に対する分散は存在しないことに注意してください。

参考

| | |

この情報は役に立ちましたか?