ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

squareform

構文

Z = squareform(y)
y = squareform(Z)
Z = squareform(y,'tovector')
Y = squareform(Z,'tomatrix')

説明

Z = squareform(y) は、y を正方、対称形式の Z に変換します。ここで y は関数 pdist で作成されたベクトル、Z(i,j) は元のデータの i 番目と j 番目のオブジェクト間の距離を表します。

y = squareform(Z) は、正方、対称で対角成分がゼロの行列 Z に対して、対角線以下の Z の要素を含むベクトル y を作成します。ここで、y は関数 pdist からの出力と同じ形式です。

Z = squareform(y,'tovector')squareformy をベクトルとして扱うように強制します。

Y = squareform(Z,'tomatrix')squareformZ を行列として扱うように強制します。

最後の 2 つの形式は、入力が単一の要素で、ベクトルか正方行列か不確定な場合に便利です。

y = 1:6
y =
   1   2   3   4   5   6 

X = [0 1 2 3; 1 0 4 5; 2 4 0 6; 3 5 6 0]
X =
   0   1   2   3
   1   0   4   5
   2   4   0   6
   3   5   6   0

したがって、squareform(y) = Xsquareform(X) = y になります。

参考

この情報は役に立ちましたか?