ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

scatterhist

周辺ヒストグラムをもつ散布図

構文

  • scatterhist(x,y)
  • scatterhist(x,y,Name,Value)
  • h = scatterhist(___)

説明

scatterhist(x,y) は、ベクトル xy のデータの 2 次元散布図を作成し、一変量ヒストグラムをプロットの横軸と縦軸上に置きます。

scatterhist(x,y,Name,Value) では、1 つまたは複数の名前と値のペア引数で指定された追加オプションを使用してプロットを作成します。たとえば、グループ化変数を指定するか、表示オプションを変更できます。

h = scatterhist(___) は、前の構文の入力引数のいずれかを使用して、散布図、横軸に沿ったヒストグラム、縦軸に沿ったヒストグラムのそれぞれの 3 軸ハンドルのベクトルを返します。

すべて展開する

Scatterhist プロットを作成する

標本データを読み込みます。データ行列の最初の列からデータ ベクトル x を作成します。これには、アヤメの花のがく片の長さの測定値が含まれます。データ行列の 2 番目の列からデータ ベクトル y を作成します。これには、アヤメの花のがく片の幅を測定した値が含まれます。

load fisheriris.mat;
x = meas(:,1);
y = meas(:,2);

散布図と 2 つの周辺ヒストグラムを作成して、がく片の長さとがく片の幅間の関係を可視化します。

scatterhist(x,y)

グループ化されたデータをプロットする

標本データを読み込みます。データ行列の最初の列からデータ ベクトル x を作成します。これには、3 種のアヤメの花のがく片の長さの測定値が含まれます。データ行列の 2 番目の列からデータ ベクトル y を作成します。これには、アヤメの花のがく片の幅を測定した値が含まれます。

load fisheriris.mat;
x = meas(:,1);
y = meas(:,2);

散布図と 6 つのカーネル密度プロットを作成して、がく片の長さとがく片の幅間の関係を種類別にグループ化して、可視化します。

scatterhist(x,y,'Group',species)

プロットには、がく片の長さとがく片の幅の関係が、花の種類に応じて異なることが示されています。

プロット表示をカスタマイズする

標本データを読み込みます。データ行列の最初の列からデータ ベクトル x を作成します。これには、異なる 3 種のアヤメの花のがく片の長さの測定値が含まれます。データ行列の 2 番目の列からデータ ベクトル y を作成します。これには、アヤメの花のがく片の幅を測定した値が含まれます。

load fisheriris.mat;
x = meas(:,1);
y = meas(:,2);

散布図と 6 つのカーネル密度プロットを作成して、3 種のアヤメの花で測定されたがく片の長さとがく片の幅の関係を種類別にグループ化して、可視化します。プロットの外観をカスタマイズします。

scatterhist(x,y,'Group',species,'Location','SouthEast',...
    'Direction','out','Color','kbr','LineStyle',{'-','-.',':'},...
    'LineWidth',[2,2,2],'Marker','+od','MarkerSize',[4,5,6]);

座標軸ハンドルを使ってプロットをカスタマイズする

標本データを読み込みます。データ行列の最初の列からデータ ベクトル x を作成します。これには、3 種のアヤメの花のがく片の長さの測定値が含まれます。データ行列の 2 番目の列からデータ ベクトル y を作成します。これには、アヤメの花のがく片の幅を測定した値が含まれます。

load fisheriris.mat;
x = meas(:,1);
y = meas(:,2);

座標軸ハンドルを使用して、周辺ヒストグラムを箱ひげ図に置き換えます。

h = scatterhist(x,y,'Group',species);
hold on;
boxplot(h(2),x,species,'orientation','horizontal');
boxplot(h(3),y,species,'labelorientation','inline');
hold off;

入力引数

すべて展開する

x - 標本データベクトル

ベクトルとして指定される標本データ。データ ベクトル xy の長さは同じでなければなりません。x または yNaN 値が含まれている場合、scatterhist は次のようになります。

  • 散布図を生成するときに、xy の両方のデータ ベクトルから、そのいずれかに含まれる NaN 値をもつ行を削除する

  • 周辺ヒストグラムを生成するときに、対応するデータ ベクトル x または y から、NaN 値のみが含まれる行を削除する

データ型:single | double

y - 標本データベクトル

ベクトルとして指定される標本データ。データ ベクトル xy の長さは同じでなければなりません。

データ型:single | double

名前/値のペアの引数

オプションの Name,Value の引数ペアをコンマ区切りで指定します。ここで、Name は引数名で、Value は対応する値です。Name は単一引用符 (' ') で囲まなければなりません。Name1,Value1,...,NameN,ValueN のように、複数の名前と値のペア引数を任意の順番で指定できます。

例: 'Location','SouthEast','Direction','out' では、散布図の外へ向かうバーをもつ、散布図の右下に配置されたヒストグラムをもつプロットを指定します。

'NBins' - ヒストグラムのビンの数正の整数値 | ベクトル

ヒストグラムのビンの数。'Nbins' と、2 以上の正の整数値またはそのような 2 つの値のベクトルで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。ビンの数が正の整数値として指定されている場合、値は xy 両方のヒストグラムのビン数になります。ビンの数がベクトルとして指定されている場合、最初の値は x データのビンの数で、2 番目の値は y データのビン数になります。既定の設定では、ビンの数は、スコットの法則を使用して標本標準偏差に基づいて計算されます。

例: 'NBins',[5,7]

データ型:single | double

'Location' - 周辺ヒストグラムの位置'SouthWest' (既定の設定) | 'SouthEast' | 'NorthEast' | 'NorthWest'

Figure における周辺ヒストグラムの位置。'Location' と、以下のいずれかで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

'SouthWest'散布図の左下にヒストグラムをプロットします。
'SouthEast'散布図の右下にヒストグラムをプロットします。
'NorthEast'散布図の右上にヒストグラムをプロットします。
'NorthWest'散布図の左上にヒストグラムをプロットします。

例: 'Location','SouthEast'

'Direction' - 周辺ヒストグラムの方向'in' (既定の設定) | 'out'

周辺ヒストグラムの方向。'Direction' と、以下のいずれかで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

'in'散布図の方へ向かうバーをもつヒストグラムをプロットします。
'out'散布図から離れていくバーをもつヒストグラムをプロットします。

例: 'Direction','out'

'Group' - グループ化変数カテゴリカル配列 | 論理ベクトルまたは数値ベクトル | 文字列のセル配列

グループ化変数。'Group' と、カテゴリカル配列、論理ベクトルまたは数値ベクトル、文字列のセル配列のいずれかで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。グループ化変数内の各一意の値が 1 つのグループを定義します。

たとえば Gender'Male''Female' の値をもつ文字列のセル配列である場合、Gender をグループ化変数として使用してデータを性別にプロットすることができます。

複数のグループ化変数を使用するには、グループ化変数名のセル配列を指定します。観測値は、指定されたすべてのグループ化変数の共通の値をもつ場合、同じグループに配置されます。

たとえば、Smoker が、非喫煙者に対して 0 および喫煙者に対して 1 の値をもつ論理ベクトルである場合、セル配列 {Gender,Smoker} を指定すると、観測値が次の 4 つのグループに分割されます。男性喫煙者、男性非喫煙者、女性喫煙者および女性非喫煙者。

例: 'Group',{Gender,Smoker}

データ型:single | double | logical | cell | char

'Kernel' - グループ化されたカーネル密度プロットのインジケーター'on' | 'off' | 'overlay'

グループ化されたカーネル密度プロットのインジケーター。'Kernel' と、以下のいずれかで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

'on'各グループのカーネル密度プロットを表示します。これは、Group パラメーターが指定されている場合の既定の設定です。
'off'周辺分布全体をヒストグラムとして表示します。これは、Group パラメーターが指定されていない場合の既定の設定です。
'overlay'histfit と同様に、周辺分布全体をヒストグラムに重ね合わせたカーネル密度プロットとして表示します。

例: 'Kernel','overlay'

'Bandwidth' - カーネル平滑化ウィンドウの帯域幅行列

カーネル平滑化ウィンドウの幅。'Bandwidth' と、サイズが 2 行 K 列の行列で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。ここで、K は一意のグループの数です。行列の最初の行は x の各グループの帯域幅を提供し、2 番目の行は y の各グループの帯域幅を提供します。既定で scatterhist は、正規分布の密度を推定するのに最適な帯域幅を検出します。別の帯域幅値を指定すると、結果となるカーネル密度プロットの平滑化の特性が変化します。指定される値は、カーネル密度プロットの生成に使用される正規分布のスケーリング ファクターです。

例: 'Bandwidth',[.5,.2,.1;.15,.25,.35]

データ型:single | double

'Legend' - 凡例の可視性のインジケーター'on' | 'off'

凡例の可視性のインジケーター。'Legend' と、以下のいずれかで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。

'on'凡例の表示を設定します。これは、Group パラメーターが指定されている場合の既定の設定です。
'off'凡例の非表示を設定します。これは、Group パラメーターが指定されていない場合の既定の設定です。

例: 'Legend','on'

'LineStyle' - カーネル密度プロットのラインのスタイル有効なライン スタイル文字列 | 文字列のセル配列

カーネル密度プロットのラインのスタイル。'LineStyle' と、有効なライン スタイル文字列または有効なライン スタイル文字列のセル配列で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。有効なライン スタイル文字列については、plot を参照してください。既定値は実線です。グループごとに異なるライン スタイルを指定する場合は、セル配列を使用します。グループの合計数が指定された値の数を超えると、scatterhist は指定された値を繰り返して使います。

例: 'LineStyle',{'-',':','-.'}

'LineWidth' - カーネル密度プロットのラインの幅0.5 (既定の設定) | 非負のスカラー値 | ベクトル

カーネル密度プロットのラインの幅。'LineWidth' と、非負のスカラー値または非負のスカラー値のベクトルで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。指定される値は、ポイント数で測定されるカーネル密度プロットのラインのサイズになります。既定のサイズは 0.5 ポイントです。グループごとに異なるライン幅を指定する場合は、ベクトルを使用します。グループの合計数が指定された値の数を超えると、scatterhist は指定された値を繰り返して使います。

例: 'LineWidth',[0.5,1,2]

データ型:single | double

'Color' - 各散布図グループのマーカーの色有効な色指定文字 | 文字の文字列 | RGB 値の行列

各散布図グループのマーカーの色。'Color' と、有効な色指定文字、有効な色指定文字の文字列または範囲 [0,1] の RGB 値の 3 列の行列で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。事前定義された色と対応する RGB 値については、ColorSpec を参照してください。行列を使って色を指定している場合、行列の各行は 1 つのグループを表し、3 つの列はそれぞれ R 値、G 値、B 値を表します。グループの合計数が指定された色の数を超えると、scatterhist は指定された色を繰り返して使います。

例: 'Color','kcm'

例: 'Color',[.5,0,1;0,.5,.5]

データ型:single | double | char

'Marker' - 各散布図グループのマーカーの記号'o' (既定の設定) | 有効なマーカーの記号 | 有効なマーカーの記号の文字列

各散布図グループのマーカーの記号。'Marker' と、有効なマーカーの記号または有効なマーカーの記号の文字列で構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。有効な記号については、plot を参照してください。既定の設定は 'o' (円) です。グループの合計数が指定された記号の数を超えると、scatterhist は指定された記号を繰り返して使います。

例: 'Marker','+do'

'MarkerSize' - 各散布図グループのマーカーのサイズ6 (既定の設定) | 非負のスカラー値 | ベクトル

各散布図グループのマーカーのサイズ。'MarkerSize' と、ポイント数で測定される非負のスカラー値または非負のスカラー値のベクトルで構成されるコンマ区切りのペアとして指定します。グループの合計数が指定された値の数を超えると、scatterhist は指定された値を繰り返して使います。

例: 'MarkerSize',10

データ型:single | double

出力引数

すべて展開する

h - 座標軸ハンドルベクトル

3 つのプロットの座標軸ハンドル。ベクトルとして返されます。ベクトルには、散布図、横軸に沿ったヒストグラム、縦軸に沿ったヒストグラムそれぞれのハンドルが含まれます。

参考

|

この情報は役に立ちましたか?