ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

nbinstat

負の二項分布の平均と分散

構文

[M,V] = nbinstat(R,P)

説明

[M,V] = nbinstat(R,P) は、対応する成功回数 R と 1 回の試行での成功確率 P による負の二項分布の平均および分散を返します。R および P は、すべて同じサイズのベクトル、行列または多次元配列で、M や  V のサイズとも同じになります。R または  P のスカラー入力は、他の入力と同じ次元の定数配列に拡張されます。

パラメーター r および  p をもつ、負の二項分布の平均は、q = 1 – p として、rq / p です。分散は、rq / p2 です。

負の二項分布の最も簡単な動機付けは、それぞれの試行で成功する一定の確率が P である連続ランダム試行の場合です。指定された成功回数 R を出力するために実行しなければならない追加の試行回数は、負の二項分布です。ただし、負の二項分布のより一般的な解釈に従って、nbinstat では R が、非整数を含む任意の正の値であってもかまいません。

p = 0.1:0.2:0.9;
r = 1:5;
[R,P] = meshgrid(r,p);
[M,V] = nbinstat(R,P)
M =
  9.0000  18.0000  27.0000  36.0000  45.0000
  2.3333  4.6667  7.0000  9.3333  11.6667
  1.0000  2.0000  3.0000  4.0000  5.0000
  0.4286  0.8571  1.2857  1.7143  2.1429
  0.1111  0.2222  0.3333  0.4444  0.5556

V =
  90.0000 180.0000 270.0000 360.0000 450.0000
  7.7778  15.5556  23.3333  31.1111  38.8889
  2.0000  4.0000  6.0000  8.0000  10.0000
  0.6122  1.2245  1.8367  2.4490  3.0612
  0.1235  0.2469  0.3704  0.4938  0.6173

参考

| | | |

この情報は役に立ちましたか?