ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

gmdistribution

クラス: gmdistribution

混合ガウス分布の構成

構文

obj = gmdistribution(mu,sigma,p)

説明

obj = gmdistribution(mu,sigma,p) は、混合ガウス分布を定義するクラス gmdistributionobj オブジェクトを構成します。

mu は、各 k 要素の d 次元の平均値を指定する k 行 d 列の行列です。

sigma は、各要素の共分散を指定します。sigma のサイズは、次のようになります。

  • 共分散の形式に制限がない場合は d x d x k です。この場合、sigma(:,:,I) は、要素 I の共分散です。

  • 共分散行列は対角行列になるよう制限されるが、全体を同じ要素にするよう制限されない場合は 1 x d x k 配列です。この場合、sigma(:,:,I) は要素 I の対角要素を含んでいます。

  • 共分散行列は全体を同じ要素にするよう制限されるが、対角行列になるよう制限されない場合は d x d 行列です。この場合、sigma は、共分散のプールされた推定です。

  • 共分散行列が対角行列で同じ要素になるように制限されている場合は、1 x d です。この場合、sigma は共分散のプールされた推定対角要素を含んでいます。

p は、各要素の混合比を指定するオプションの 1 x k のベクトルです。p の合計が 1 にならなければ、gmdistribution は正規化を行いません。既定の設定は等しい比率です。

2 変量ガウス分布の二成分混合を定義する gmdistribution オブジェクトを作成します。

mu = [1 2;-3 -5];
sigma = cat(3,[2 0;0 .5],[1 0;0 1]);
p = ones(1,2)/2;
obj = gmdistribution(mu,sigma,p);

ezsurf(@(x,y)pdf(obj,[x y]),[-10 10],[-10 10])

参照‏

[1] McLachlan, G., and D. Peel. Finite Mixture Models. Hoboken, NJ: John Wiley & Sons, Inc., 2000.

参考

| | | | | |

この情報は役に立ちましたか?