ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

exprnd

指数分布する乱数

構文

R = exprnd(mu)
R = exprnd(mu,m,n,...)
R = exprnd(mu,[m,n,...])

説明

R = exprnd(mu) は、平均パラメーター mu を使用した指数分布から乱数を生成します。mu はベクトル、行列、または多次元配列のいずれかです。R のサイズは、mu のサイズです。

R = exprnd(mu,m,n,...) または R = exprnd(mu,[m,n,...]) は、平均パラメーター mu を使用した指数分布からの乱数を含む m X n X ... の配列を生成します。muR と同じサイズのスカラーまたは配列になります。

n1 = exprnd(5:10)
n1 =
  7.5943  18.3400  2.7113  3.0936  0.6078  9.5841

n2 = exprnd(5:10,[1 6])
n2 =
  3.2752  1.1110  23.5530  23.4303  5.7190  3.9876

n3 = exprnd(5,2,3)
n3 =
  24.3339  13.5271  1.8788
   4.7932   4.3675  2.6468

参考

| | | | | |

この情報は役に立ちましたか?