ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

乱数発生 UI の確認

乱数発生ユーザー インターフェイス (UI) は、指定した確率分布から無作為標本を発生させ、標本をヒストグラムとして表示します。インターフェイスを使用して、標本のサイズやパラメーターの変更が分布にどのような影響を与えるか調べることができます。

コマンド ラインで randtool と入力してユーザー インターフェイスを実行します。

最初に分布を選択し、次に標本のサイズを指定します。

以下を行うこともできます。

  • ウィンドウの下部にあるスクローラーを使用して、分布のパラメーター値を設定したり、その下限や上限を変更したりします。

  • 同じサイズとパラメーターをもつ同じ分布から、他の標本を抽出します。

  • 現在の標本をワークスペースにエクスポートします。ダイアログ ボックスにより、標本に名前を付けることができます。

この情報は役に立ちましたか?