ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

列挙型データを使用する場所

列挙型データは、Stateflow® 階層の 3 つのレベルで使用できます。

  • チャート

  • サブチャート

  • ステート

列挙型データは、以下の引数として使用できます。

列挙型データは、シミュレーションと Simulink Coder™ コード生成に使用できます。ただし、カスタム ターゲットは列挙型データをサポートしていません。詳細は、「チャートで列挙型データを使用する場合のルール」を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?