ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

チャートのプロパティの指定

チャートのプロパティについて

チャートのプロパティでは、チャートが Simulink® モデルとどのようにインターフェイスで接続するかを指定できます。モデル内の単一のチャートまたは全チャートを対象としてプロパティを指定できます。

単一のチャートのプロパティの設定

単一チャートのプロパティを指定するには、以下の手順に従います。

  1. チャートをダブルクリックして開きます。

  2. チャートの空白の領域を右クリックし、[プロパティ] を選択します。

    C チャートと MATLAB チャートには、いずれも一般とドキュメンテーションのプロパティが用意されています。また、MATLAB チャートには、固定小数点のプロパティを指定するための追加のタブがあります。

    C チャートには、C 言語のビット演算を可能にするための追加のオプションがあります。

  3. チャートのプロパティを指定します。

    フィールド

    説明

    名前

    Stateflow® チャート名 (読み取り専用)。このハイパーテキスト リンクをクリックすると、チャートが前面に表示されます。

    マシン

    Simulink サブシステム名 (読み取り専用)。このハイパーテキスト リンクをクリックすると、マシンのプロパティ ダイアログ ボックスが前面に表示されます。

    アクション言語

    チャートのプログラミングに使用するアクション言語 (読み取り専用)。C または MATLAB を選択できます。

    ステート マシン タイプ

    作成するステート マシンのタイプ。選択肢は、以下のとおりです。

    • Classic: 既定のステート マシン。MATLAB チャートと C チャートのセマンティクスの完全なセットを備えています。

    • Mealy: 出力値が入力値とステートの関数である、ステート マシン。

    • Moore: 出力値がステートのみの関数である、ステート マシン。

    Mealy チャートと Moore チャートは、Stateflow チャート セマンティクスのサブセットを使用します。

    更新方法

    シミュレーションで Simulink モデルのチャートを更新 (起動) する方法 (Stateflow ブロックの更新方法の設定 を参照)。[継承][離散]、または [連続] のいずれかを選択します。連続更新の詳細は、「モデル ロジックによるハイブリッド システムのモデル化」を参照してください。

    サンプル時間

    [更新方法][離散] の場合は、サンプル時間を入力します。

    ゼロクロッシング検出を有効にする

    [更新方法][連続] の場合は、ゼロクロッシング検出は既定で有効になっています。詳細は、「ゼロクロッシング検出を有効にする場合」を参照してください。

    C 言語のビット演算が可能

    C チャート専用。このチェック ボックスを選択すると、アクション ステートメントで次の演算子 (~&|^) が、論理演算子ではなく、C 言語のビット演算子として解釈されます (既定の設定)。

    このチェック ボックスの選択を解除すると、次が行われます。

    • &| および ~ が、論理演算子として解釈されます。

    • ^ は、累乗演算子として解釈されます (たとえば、2^3 = 8)。

    >><< などの他のビット演算は、この設定にかかわらずビット単位演算として解釈されます。

    ユーザー指定のステート/遷移実行順序

    パラレル ステートと遷移の明示的な順序付けに切り替えるには、このチェック ボックスを選択します (既定の設定)。このモードでは、パラレル ステートの実行や始点生起の遷移の実行テストが従う順序について、その全般を制御できます。詳細は「パラレル ステートの実行順序」および「複数のステートの階層レベルでの遷移のテスト順」を参照してください。

    チャート レベルの関数をエクスポート

    チャートのルート レベルで定義された関数をエクスポートするには、このチェック ボックスをオンにします。詳細は、「他のチャートで再利用するための関数のエクスポート」を参照してください。

    Simulink I/O で厳密な型指定

    選択した場合、入力信号のデータ型が対応するチャート入力データ項目のデータ型に一致すれば、チャートは Simulink ソフトウェアでサポートされているすべてのデータ型の入力信号を受け入れます。データ型が一致しない場合は、エラーが発生します。

    このチェック ボックスの選択を解除した場合は、チャートは double 型の信号のみを受け入れて出力します。この場合、Stateflow ソフトウェアは Simulink 入力信号を、対応するチャート入力データ項目のデータ型に変換します。同様に、Stateflow ソフトウェアはチャートの出力データを double 型に変換します。

    固定小数点データでは、[Simulink I/O で厳密な型指定] オプションは常に有効です。チャートの固定小数点データ型の入出力がモデルの対応するデータと一致しない場合は、エラーが発生します。

    詳細は、「Simulink との出力データの共有」を参照してください。

    初期化時に指定されたチャートを実行 (入力)

    入力イベントの初回発生時 (チャートの初期化実行 を参照) ではなく、時間 0 でチャートのステート コンフィギュレーションを初期化する必要がある場合は、このチェック ボックスを選択します。

    チャート起動ごとに出力を初期化

    時間 0 のタイミングだけでなく、チャートが起動するたびに出力値の初期値を解釈します。出力データ オブジェクトを初期値に設定すると、出力はその値にリセットされます。

    関数呼び出し、エッジ トリガー、時間刻みなどでチャートがトリガーされるたびに、出力値はリセットされます。

    以下を目的として、このオプションを有効にします。

    • チャートが実行されるたびに、すべての出力値が定義されるようにする。

    • 出力値のラッチを回避する (以前の実行時に計算された出力値を引き継ぐ)。

    • すべてのチャートに有効な初期値を設定する。

    スーパー ステップのセマンティクスを有効にする

    安定したステートに達するまで、タイム ステップごとにチャートで複数の遷移を可能にする場合に選択します。詳細は、「スーパー ステップ セマンティクスによるチャートの実行」を参照してください。

    各スーパー ステップにおける最大反復回数

    スーパー ステップ セマンティクスを有効にした場合に、チャートがタイム ステップごとに取得する遷移の最大数を指定します。チャートはスーパー ステップ中に常に 1 回の遷移を行います。このため、指定する N の値は、この 1 回に "追加して行われる" 遷移の最大回数を表します (合計 N+1 回)。詳細は、「最大反復回数とは」を参照してください。チャートのモード ロジックに基づいて、チャートがタイム ステップ内に安定したステートに到達できるように値を設定してください。

    多すぎる反復後の動作

    スーパー ステップ セマンティクスを有効にした場合に、有効な遷移をすべて取得する前に遷移の最大数に達したときにチャートが実行する処理を指定します。オプションは次のとおりです。

    • 続行: 次のタイム ステップまでチャートの実行が継続します。

    • エラー発生: シミュレーションが停止して、エラー メッセージが表示されます。

      メモ:   [エラー発生] オプションは、シミュレーションでのみ有効です。生成コードでは、チャートの実行は常に続行されます。

    可変サイズの配列をサポート

    シミュレーション時に次元が変わる、チャートの入出力データをサポートする場合に選択します。詳細は、「可変サイズ入出力の宣言」を参照してください。

    整数オーバーフローで飽和

    生成コードで整数オーバーフローを飽和するように指定します。詳細は、「チャート データの整数オーバーフローの処理」を参照してください。

    子アクティビティを監視する出力端子を作成する

    これを選択すると、子のステート アクティビティの出力端子が作成されます。「アクティブ ステートの出力について」を参照してください。

    イネーブル時の状態

    チャートが関数呼び出し入力イベントを使用する場合、そのイベントがチャートを再度有効にする時のステートの動作を指定します。オプションは次のとおりです。

    • [保持] — もっとも最新の状態の値を保持する。

    • [リセット] — 状態の初期条件に戻します。

    • [継承] — 親のサブシステムからこの設定を継承する。

    詳細は、「関数呼び出し入力がチャートを再び有効にする場合のステートの制御」を参照してください。

    デバッガーのブレーク ポイント: チャート Entry 時

    チャート Entry に対してデバッガのブレーク ポイントを設定する場合に選択します。

    エディタをロックする

    チャートを読み取り専用としてマークして、書き込みを操作を禁止する場合に選択します。

    これらの継承される Simulink 信号タイプを fi オブジェクトとして扱う

    MATLAB チャート専用。固定小数点と整数の信号を Fixed-Point Designer™ fi オブジェクトとして扱うかどうかを決めます。

    • [固定小数点] に設定した場合 (既定の設定)、MATLAB チャートはすべての固定小数点入力を fi オブジェクトとして扱います。

    • [固定小数点および整数] に設定した場合、MATLAB チャートはすべての固定小数点と整数の入力を fi オブジェクトとして扱います。

    MATLAB チャートの fimath

    MATLAB チャート専用。既定の設定は、MATLAB チャートの fimath プロパティです。. それ以外の場合は、MATLAB またはモデル ワークスペースで fimath オブジェクトを作成してプロパティを変数名と同じに設定することで、既定の fimath プロパティを指定します。

    • [MATLAB と同じ] に設定すると、チャートは現在の既定の fimath と同じ fimath プロパティを使用します。

    • [それ以外を指定] に設定した場合は、独自の既定の fimath オブジェクトを指定できます。fimath オブジェクトはエディット ボックス内で作成するか、MATLAB またはモデル ワークスペースで作成して、変数名をエディット ボックスに入力します。

    説明

    テキストによる説明/コメント。

    ドキュメント リンク

    Web URL アドレスを入力するか、通常の MATLAB® コマンドを入力します。たとえば、www.mathworks.commailto:email_addressedit/spec/data/speed.txt などです。

  4. 以下のいずれかのボタンをクリックします。

    • 適用 (変更内容を保存する場合)

    • キャンセル (前回の適用以降の変更内容を取り消す場合)

    • OK (変更内容を保存して、ダイアログ ボックスを閉じる場合)

    • ヘルプ (HTML ブラウザー ウィンドウでオンライン ヘルプを表示する場合)

モデル内のすべてのチャートのプロパティの設定

モデルのすべての Stateflow ブロックを表す Stateflow マシンのプロパティを設定することで、一部のプロパティをモデル内の全チャートを対象として設定できます。

Stateflow マシンのプロパティを設定するには、以下の手順に従います。

  1. 特定のチャートに対応するチャートのプロパティ ダイアログ ボックスで、ダイアログ ボックス上部の [マシン] リンクを選択します。

    マシンのプロパティ ダイアログ ボックスが表示されます。

  2. 以下の説明に従って、フィールドに情報を入力します。

    フィールド

    説明

    Simulink モデル

    この Stateflow マシンを定義する Simulink モデルの名前 (読み取り専用)。選択したファイル名でモデルを保存する場合は、Simulink ウィンドウでモデル名を変更します。

    作成日

    このマシンが作成された日。読み取り専用。

    作成者

    この Stateflow マシンを作成したユーザーの名前。

    変更

    この Stateflow マシンの最近の変更時間。

    バージョン

    この Stateflow マシンのバージョン番号。

    新しいチャートで C 言語のビット演算を使用

    C チャート専用。すべての新しい C チャートでこのチェック ボックスを選択すると、アクション ステートメントで、以下の演算子 ( ~&|^) が、論理演算子ではなく、C 言語のビット単位演算子として解釈されます。

    このオプションは、個々のチャートのプロパティ ダイアログ ボックスで、モデル内の個々の C チャートに対して有効または無効にできます。このプロパティの詳細は、単一のチャートのプロパティの設定 を参照してください。

    説明

    この Stateflow マシンを定義するモデルに保存されるマシンの簡単な説明。

    ドキュメント リンク

    評価時に、この Stateflow マシンのドキュメンテーションを表示する MATLAB 式。

  3. 以下のいずれかのボタンをクリックします。

    • 適用 (変更内容を保存する場合)

    • キャンセル (変更内容を適用せずに、ダイアログ ボックスを閉じる場合)

    • OK (変更内容を保存して、ダイアログ ボックスを閉じる場合)

    • ヘルプ (HTML ブラウザー ウィンドウでオンライン ヘルプを表示する場合)

この情報は役に立ちましたか?