ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ブレークポイントとデバッガーの関係

オブジェクト上のローカル ブレークポイントは、Stateflow デバッガーを起動しなかった場合でも、シミュレーション中に常にチャートの実行を停止します。この場合、チャートの実行を Stateflow エディターから直接制御できます (「Stateflow エディターからのチャートの実行の制御」を参照)。

ブレークポイントの設定を維持しながら、チャートの実行が停止しないようにするには、「ローカル ブレークポイントの無効化」の説明に従ってブレークポイントを無効にします。

この情報は役に立ちましたか?