ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

可変サイズ入出力の宣言

  1. Stateflow® エディターで [チャート][入力と出力を追加][Simulink からのデータ入力] または [チャート][入力と出力を追加][Simulink へのデータ出力] を選択します。

    データのプロパティ ダイアログ ボックスが開きます。

  2. [可変サイズ] チェック ボックスを選択します。

  3. [スコープ][入力] または [出力] に設定します。

  4. サイズを入力します。

    データ指定する内容
    入力Simulink からサイズを継承する場合は、「-1」と入力します。それ以外の場合は、サイズと上限を明示的に指定します。

    たとえば、最初の次元の上限が 2 で、2 番目の次元の上限が 4 である、2 次元行列を指定するには、[2 4] と入力します。

    出力サイズと上限を明示的に指定します。

    以下に例を示します。

この情報は役に立ちましたか?