ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

sfsave

チャートを現在のフォルダーに保存する

構文

sfsave
sfsave('model_name')
sfsave('model_name','new_model_name')
sfsave('Defaults')

説明

sfsave によって、チャートを現在のモデルに保存します。

sfsave('model_name') によって、チャートを 'model_name' という名前のモデルに保存します。

sfsave('model_name','new_model_name') によって、'model_name' にあるチャートを 'new_model_name' に保存します。

sfsave('Defaults') によって、現在のモデルの設定を既定の設定として保存します。'Defaults' はリテラル文字列です。

モデルは開いていなければならず、現在のフォルダーは書き込み可能でなければなりません。

ベースラインのチャートを作成するスクリプトを開発し、新しいモデルに保存します。

bdclose('all');

% Create an empty chart in a new model
sfnew;

% Get root object
rt = sfroot;

% Get model
m = rt.find('-isa','Simulink.BlockDiagram');

% Get chart
chart1 = m.find('-isa','Stateflow.Chart');

% Create two states, A and B, in the chart
sA = Stateflow.State(chart1);
sA.Name = 'A';
sA.Position = [50 50 100 60];
sB = Stateflow.State(chart1);
sB.Name = 'B';
sB.Position = [200 50 100 60];

% Add a transition from state A to state B
tAB = Stateflow.Transition(chart1);
tAB.Source = sA;
tAB.Destination = sB;
tAB.SourceOClock = 3;
tAB.DestinationOClock = 9;

% Add a default transition to state A
dtA = Stateflow.Transition(chart1);
dtA.Destination = sA;
dtA.DestinationOClock = 0;
x = sA.Position(1)+sA.Position(3)/2;
y = sA.Position(2)-30;
dtA.SourceEndPoint = [x y];

% Add an input in1
d1 = Stateflow.Data(chart1);
d1.Scope = 'Input';
d1.Name = 'in1';

% Add an output out1
d2 = Stateflow.Data(chart1);
d2.Scope = 'Output';
d2.Name = 'out1';

% Save the chart in a model called "NewModel"
% in current folder
sfsave('untitled','NewModel');

結果のモデルは次のようになります。

結果のチャートは次のようになります。

参考

| | | |

チュートリアル

この情報は役に立ちましたか?