ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

cvsim によるテストの実行

cvsim コマンドを使用すると、テスト仕様オブジェクトのシミュレーションを実行できます。

cvsim の呼び出しの構文は、既定では次のとおりです。

cvdo = cvsim(cvto)

このコマンドを実行すると、該当するモデルのシミュレーションが実行され、cvtest オブジェクト cvto が実行されます。cvsim はカバレッジ結果を cvdata オブジェクト cvdo に返します。階層構造内の複数のモデルのカバレッジを記録する場合、cvsim を実行すると結果は cv.cvdatagroup オブジェクトに返されます。

また、シミュレーション時に適用する Simulink® sim コマンドのモデル パラメーターを設定することにより、cvsim コマンドでのシミュレーションを制御することができます。

  • 次のコマンドを実行すると、テスト オブジェクト cvto が実行され、既定のモデル パラメーターを使用してモデルのシミュレーションが実行されます。関数 cvsim によりカバレッジ結果が cvdata オブジェクト cvdo に返され、シミュレーション出力が Simulink.SimulationOutput オブジェクト simOut に返されます。

    [cvdo,simOut] = cvsim(cvto)
  • 次のコマンドを実行すると、シミュレーション時に使用するモデル パラメーターを指定する構造体 (paramStruct) が作成されます。最初のコマンドは、シミュレーションによりこのモデルの判定カバレッジ、条件カバレッジ、MCDC カバレッジを収集するように指定しています。

    paramStruct.CovMetricSettings  = 'dcm';
    paramStruct.SimulationMode     = 'rapid';
    paramStruct.AbsTol         = '1e-5';
    paramStruct.SaveState      = 'on';
    paramStruct.StateSaveName  = 'xoutNew';
    paramStruct.SaveOutput     = 'on';
    paramStruct.OutputSaveName = 'youtNew';
    

      メモ:   モデル パラメーターの詳細な一覧は、Simulink ドキュメンテーションの「モデル パラメーター」を参照してください。

    次の cvsim コマンドを実行すると、テスト オブジェクト cvto が実行され、paramStruct で指定されたモデル パラメーター値を使用してモデルのシミュレーションが実行されます。

    [cvdo,simOut] = cvsim(cvto,paramStruct);
    

cvsim コマンドを使用して複数のテスト オブジェクトを実行することもできます。次のコマンドを実行すると、既定のシミュレーション パラメーターを使用して一連のカバレッジ テスト オブジェクト (cvto1, cvto2, ...) が実行されます。cvsim はカバレッジ結果を一連の cvdata オブジェクト (cvdo1, cvdo2, ...) に返し、シミュレーションの出力を simOut に返します。

[cvdo1, cvdo2, ..., simOut] = cvsim(cvto1, cvto2, ...)
この情報は役に立ちましたか?