ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

ライブラリ ブロックと参照ブロックの要求仕様リンク

ライブラリ ブロックと参照ブロックの紹介

Simulink® では、ユーザー独自のブロック ライブラリを作成できます。ブロック ライブラリを作成すると、ブロック、サブシステム、Stateflow® Atomic サブチャートを複数のモデルで再利用できます。

ライブラリ ブロックを Simulink モデルにコピーした場合、新しいブロックは "参照ブロック" と呼ばれます。このライブラリ ブロックの複数の "インスタンス" を 1 つまたは複数のモデルで作成できます。

参照ブロックは "ライブラリ リンク" を使用してライブラリ ブロックにリンクされます。ライブラリ ブロックを変更すると、参照ブロックが含まれるモデルを開くか更新したときに、ライブラリ ブロックにリンクされているすべての参照ブロックが更新され、その変更が反映されます。

    メモ:   参照ブロックとライブラリ リンクについての詳細は、Simulink ドキュメンテーションの「ライブラリ」を参照してください。

ライブラリ ブロックと要求仕様

ライブラリ ブロック自体に要求仕様へのリンクを設定できます。また、ライブラリ ブロックがサブシステムまたは Atomic サブチャートである場合、ライブラリ ブロック内のオブジェクトにライブラリ リンクを設定できます。Requirements Management Interface (RMI) を使用すると、ライブラリとモデル内の要求仕様リンクの作成と管理を実行できます。

この後の各節では、ライブラリ ブロックおよび参照ブロック上および内部の要求仕様リンクを管理する方法を説明します。

要求仕様があるライブラリ ブロックのコピー

ライブラリ サブシステムまたはマスク ブロックをモデルにコピーすると、ライブラリ ブロックおよびライブラリ ブロック内のオブジェクトにある要求仕様リンクの強調表示と閲覧表示、さらにこれらのリンクでの移動を実行できます。しかし、これらのリンクはそのモデルには関連付けられていません。リンクはモデルではなくライブラリに保存されます。

参照ブロックのコンテキストからライブラリ ブロックの要求仕様リンクの追加、変更、削除を行うことはできません。参照ブロックからライブラリ ブロックへのリンクを無効にすると、ライブラリ ブロック内部のオブジェクトで要求仕様を変更できるようになります。これは、ライブラリ リンクを無効にすると他のブロック属性を変更できるようになるのと同様です。

参照ブロック上の要求仕様の管理

RMI を使用すると、他のモデル オブジェクトの場合と同様に、参照ブロックでも要求仕様リンクを管理できます。参照ブロックのローカル要求仕様とライブラリ要求仕様の両方の表示と移動を実行できます。

たとえば、次の図で参照ブロックを右クリックすると、参照ブロックにローカルで作成された要求仕様リンクと、ライブラリ ブロックの要求仕様リンクがあることがわかります。

  • ローカルで作成された要求仕様リンク — ライブラリ ブロックを変更せずに変更や削除ができます。

    • Manifold absolute pressure sensor

    • Mass airflow estimation

  • ライブラリ ブロックの要求仕様リンク — 参照ブロックのコンテキストからの変更や削除はできません。

    • Speed sensor

    • Throttle sensor

    • Oxygen sensor

参照ブロック内の要求仕様の管理

ライブラリ ブロックがサブシステムまたは Stateflow Atomic サブチャートの場合、そのサブシステムまたはサブチャートの "内部" のオブジェクト上に要求仕様リンクを作成することができます。参照ブロックからライブラリへのリンクを無効にすると、参照ブロック内のオブジェクト上のリンクの要求仕様を追加、変更、削除することができます。リンクが無効になると、RMI ではローカルで作成されたリンクとして扱われます。

参照ブロック内のオブジェクトの要求仕様リンクを変更した後、そのリンクを関連付けて変更をライブラリ ブロックに反映させることができます。次回にそのライブラリ ブロックのインスタンスを作成すると、この変更がライブラリ ブロックの新しいインスタンスにコピーされます。

参照ブロック内のオブジェクトで要求仕様リンクを作成するためのワークフローは次のとおりです。

  1. ライブラリ内にサブシステム S1 があります。S1 をモデルにドラッグして、新しいサブシステムを作成します。このサブシステムは参照ブロックです。

  2. 参照ブロックとライブラリ ブロックの間のライブラリ リンクを無効にします。リンクを無効にして RMI データのメンテナンスを行う場合、ライブラリが読み込まれた状態にしてください。リンクを無効にするには、参照ブロックを選択して、[ブロック線図][ライブラリ リンク][リンクを無効にする] を選択します。

  3. 参照ブロック内のオブジェクトから要求仕様ドキュメントへのリンクを作成します。

      メモ:   参照ブロック内部から要求仕様にリンクする場合、作成できるリンクの方向はモデルから要求仕様ドキュメントへの一方向のみです。RMI ではナビゲーション オブジェクトを参照ブロック内のオブジェクトの要求仕様ドキュメントに挿入することはできません。

  4. 参照ブロックとライブラリ ブロックの間のライブラリ リンクを関連付けます。

    1. 参照ブロックを選択します。

    2. [ブロック線図][ライブラリ リンク][リンクを戻す] を選択します。

    3. [アクション] 列で、[プッシュ] をクリックします。

    4. [OK] をクリックしてリンクをライブラリ ブロックへ関連付け、新しく追加された要求仕様をライブラリ ブロック内のオブジェクトに反映させます。

      ライブラリ ブロックとサブシステムの間のライブラリ リンクを関連付けると、Simulink により新しい要求仕様リンクがライブラリ ブロック S1 にプッシュされます。次の図は、ライブラリ ブロック S1 内部から要求仕様への新しいリンクを示しています。

      メモ:   ライブラリがロックされているというメッセージが表示された場合、ライブラリ ブロックに変更をプッシュするにはライブラリのロックを解除しなければなりません。

  5. これで、ライブラリ ブロック S1 には要求仕様リンクを含むオブジェクトが存在します。S1 を別のモデルで再使用すると、新しいサブシステムにはこの要求仕様にリンクするオブジェクトが含まれます。

要求仕様からライブラリ ブロックへのリンク

ライブラリ ブロックにリンクしている要求仕様がある場合、そのライブラリ ブロックをモデルにドラッグすると、要求仕様は参照ブロックにはリンクされず、ライブラリ ブロックにのみリンクされます。

たとえば、ライブラリ ブロック (下図の B1) と要求仕様の間に双方向のリンクを設定したとします。

モデルのライブラリ ブロック B1 を使用すると、参照ブロックから要求仕様に移動できます。ただし、要求仕様からのリンク先はライブラリ ブロック B1 だけを示しており、参照ブロックではありません。

前の節で説明したとおり、ライブラリ リンクを無効にするとライブラリ ブロックのインスタンス内にあるオブジェクトで要求仕様リンクを作成できます。ただし、RMI では、要求仕様ドキュメントからこのようなオブジェクトへのリンクは作成できません。ライブラリ リンクを戻したときにリンクが無効になるためです。

この情報は役に立ちましたか?