ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

最新のリリースでは、このページがまだ翻訳されていません。 このページの最新版は英語でご覧になれます。

Model Verification ブロックと Verification Manager

Simulink® Model Verification ライブラリ ブロックは、ブロックに対して割り当てられた仕様に従い、シミュレーション中にモデルの時間領域信号を監視します。

    メモ:   すべての Simulink Model Verification ブロックの詳細な説明については、Simulink ドキュメンテーションの「Model Verification」カテゴリを参照してください。

信号が指定した制限値または範囲を超過するとアサーションを実行するように検証ブロックを設定します。シミュレーション中に信号が制限値を超えると、検証ブロックは次のことを実行できます。

  • シミュレーションを停止し、モデルの該当部分にただちにフォーカスを移動させます。

  • 論理信号出力により制限値に到達したかどうかを報告します。シミュレーションで制限値に達しなかった場合、信号出力は true です。シミュレーションで制限値に達した場合、信号出力は false です。

Verification Manager は [Signal Builder] ダイアログ ボックス内のグラフィカル インターフェイスです。このツールを使用すると、モデル内のすべての Model Verification ブロックを集中的に管理できます。

Simulink Control Design™ ソフトウェアを使用している場合、次のような周波数領域特性を監視することもできます。

  • ゲイン余裕と位相余裕

  • ピーク振幅

    メモ:   Simulink Control Design Model Verification ブロックについての詳細は、Simulink Control Design ドキュメンテーションの「モデル確認」を参照してください。

この情報は役に立ちましたか?