ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで更新されています。このリリースの英語のドキュメンテーションを参照するには、言語設定を United States に変更してください。

setBlockValue

クラス: slTunable

指定されたブロックのパラメーター化の現在値の設定

構文

setBlockValue(ST,block,val)
setBlockValue(ST,M)

説明

setBlockValue(ST,block,val) は、valslTunable インターフェイス ST にある Simulink® ブロック block のパラメーター化の現在の値を設定します。block のパラメーター化は、調整可能な「Control Design ブロック」でなければなりません。

setBlockValue(ST,M) は、「一般化 LTI モデル」 M にある対応する調整可能なパラメーターの値と一致するように、ST の調整可能なパラメーターの現在の値を更新します。STM に共通するパラメーターのみが更新されます。systunelooptune または hinsfstruct などのコマンドで調整された M を取得した後、この構文を使用して ST を更新します。

ヒント

  • slTunable インターフェイスは、パラメトリック モデルを、STTunedBlocks プロパティにリストされた各 Simulink ブロックと自動的に関連付けます。このパラメーター化では、それぞれの調整可能なブロックを 「Control Design ブロック」 または調整可能な genss モデルとして表します。パラメーター化は、slTunable.looptune などのコマンドで調整されるパラメーターを指定します。このパラメーター化の現在の値にアクセスするには、slTunable.getBlockValue を使用します。

  • slTunable.systuneslTunable.looptune などの調整コマンドで ST を調整する前に、setBlockValue を使用して、Control Design ブロックによってパラメーター化されたブロックの調整可能なパラメーターを初期化できます。

入力引数

ST

Simulink モデルを記述する slTunable インターフェイス

block

STTunedBlocks プロパティにある単一のブロックを識別する文字列。ブロックは、ブロックの絶対パス名の末尾と一致し、ブロックを明白に識別できる文字列である、省略されたブロック名を指定できます。

val

ブロックのパラメーター化の新しい初期値または現在値。値 val には、block のパラメーター化のサイズ、型、またはサンプル時間を変更することなく、block のパラメーター化と互換性をもつ任意の値を使用できます。たとえば、block のパラメーター化が ltiblock.pid モデルの場合、val に有効な型としては、ltiblock.pid、数値 pid コントローラー モデル、または PID コントローラーを表す数値 tf モデルがあります。setBlockValueval のパラメーター値を使用して、block ブロックのパラメーター化の現在の値を設定します。

setBlockValue は、ブロックのパラメーター化の現在値を変更しますが、パラメーター化自体には変更を加えません。パラメーター化を変更するには (たとえば、ブロックのパラメーター化を ltiblock.pid から 3 極の ltiblock.tf に変更する場合)、slTunable.setBlockParam を使用します。

M

ST と共通なパラメーターを少なくともいくつかもつ「一般化 LTI モデル」

参考

| | | |

チュートリアル

この情報は役に立ちましたか?