ドキュメンテーション センター

  • 評価版
  • 製品アップデート

目次

このページは前リリースの情報です。該当の英語のページはこのリリースで更新されています。このリリースの英語のドキュメンテーションを参照するには、言語設定を United States に変更してください。

loopview

クラス: slTunable

制御システムの調整結果のグラフィカルな解析

構文

loopview(ST)
loopview(ST,info)

説明

loopview(ST) は、slTunable インターフェイス ST によって記述された制御システムの特性をプロットします。

loopview を使用して、slTunable.looptune を使用して取得した調整された制御システムの性能を解析します。

loopview は、次の特異値をプロットします。

  • 開ループの周波数応答 G*C および C*G。コントローラー C とプラント G は、STControls プロパティと Measurements プロパティによって定義された Simulink® モデルの線形化された部分です。

  • 感度関数 S = inv(1+G*C) と相補感度 T = 1-S

  • 正規化されたマルチループのディスク余裕 (loopmargin を参照)。loopview は以下のものをプロットします。

    • 最大安定余裕

    • 調整 (最適化) された安定余裕

    • 実際の (達成された) 安定余裕

    安定余裕プロットを使用して、調整後の制御システムが目的の安定余裕に達していることを検証します。正規化後の余裕値は、すべての周波数において 1 未満でなければなりません。

特異値に関する詳細は、「sigma」を参照してください。

loopview(ST,info) は、slTunable.looptune によって返された info 構造体を使用します。この構文は、システムにより要求されている調整制約のターゲット値と調整された値もプロットします。その他のプロットには、次のものがあります。

  • 感度関数 ST の最大許容特異値。S/T Max でマークされた曲線は、プロットの低周波数側で許容される最大値 S を示し、高周波数側で許容される最大値 T を表します。これらの曲線は、ターゲット交差の範囲 wc を確保するために、looptuneS および T に課す制約を示します。

  • looptune で使用した、任意の調整目標要件によって課せられる制約に対するターゲット値と調整された値。

調整が要件を満たせなかった場合は、loopviewinfo 構造体を使用して、トラブルシューティングに役立てます。

入力引数

ST

解析する Simulink モデルを記述する slTunable インターフェイス。

info

制御システムの調整中に slTunable.looptune によって返される info 構造体。

代替方法

looptune を使用して調整された Control System Toolbox™ モデルの解析には、loopview を使用します。

参考

| |

チュートリアル

この情報は役に立ちましたか?